別れの秋

TOP


 その部屋はすっかり片付けられていた。
 代々のイシャナ王が政務に臨んだ執務室から、最後の使用者を偲ばせる私物はすっかり無くなり、数百年を経て本棚を満たした書物も、多くが持ち出されている。
 もう誰も握る事の無い羽ペンが筆立てに差されている。少し埃をかぶった執務机を、細長い指が愛おしそうに撫でた。
 茶髪をおだんごにまとめて白帽子に隠した、お仕着せを着た女性。
「陛下、今は穏やかに過ごされていますか?」
 イシャナ王妹――今は統一王国王妃――プリムラの懐刀アーキは、長い睫毛を伏せがちにして、かつて仕えた人を呼んだ。
「レイ様」

 初めて彼の顔を見たのは、花の香ただよう春の日だった。
 イシャナの密偵を務めていた父に連れられ、中庭の端っこから、あずまやで茶を飲む少年の姿を見せられた。
「あの方が、お前が将来お守りする方だ。よく覚えておくんだぞ」
 まだ何の力も無い幼い少女だった自分の目に、優雅に茶をすする金髪碧眼の王子は、高貴でまぶしい、手の届かない宝石のように輝いて見えた。そして同時に、どこか儚く感じる線の細さに、この人を守らねば、という使命感が湧いた。
 王族は命を狙われる事さえあるという。どんな刺客が来ても対応できるように、父が課した厳しい訓練を、少女は必死に乗り越えた。そして父が任務先で落命した時、後継ぎとしてアーキが指名され、初めて王子と向かい合って言葉を交わす機会を得たのである。
「君が彼の娘か。なるほど、よく似ている」
 風邪からの病み上がりだという王子は、軽い咳を繰り返しながら、ただの新米密偵に向けて頭を下げた。
「彼が命を落としたのは、我々王族の落ち度だ。本当にすまない」
 たかが部下一人、しかもいつ命を失ってもおかしくないような密偵の喪失を、彼は詫びた。そんな事にまで気を払うのかと、驚きのあまり言葉を失っていると、こちらの思惑に気づいたらしく、王子は苦笑を浮かべた。
「そんな事を言われても、って顔をしているね」
 そう言って、彼は再度頭を下げた。
「それでも僕は、彼の喪失を、残念だったねの一言で片づけられない。詫びさせてくれ」

 身内を失う事に王子が敏感だった理由は、後にわかった。
 アイドゥールの悲劇が起き、そこにいた彼の父が亡くなって、しばらく経った頃だった。王位を継いだ彼に呼び出されて、「君に守って欲しい人間がいる」と、碧の目を細めて告げられ、アイドゥールに現れた破神タドミールを倒した、前王の切り札と言われた少年を引き合いに出された。
「彼は僕の双子の弟だ」
 インという名だったか。破神を倒した功績で英雄インシオンと呼ばれるようになった黒髪に赤い瞳の少年の存在は、アーキも知っていた。だがまさか王の身内だったとは。驚きに襲われたが、思い出してみれば、彼と王の間には容姿に共通した点がいくつも見受けられる事に気づくのは容易かった。
 だが、英雄と呼ばれるほどの実力を持つ人間だ。一介の戦士である自分が彼を守る必要などあるのだろうか。眉をひそめると、その反応も予想の範疇だったのだろう。王はゆるりと微笑んだ。
「表だって護衛をしてくれという意味ではない。僕はなかなか直接会えないから、連絡を取ってくれればいい。それに弟の周りには敵も多いだろう。そういった話を集めて、僕に知らせてくれ。邪魔だと思う輩がいれば」
 為政者の鋭い光を瞳に宿し、彼はその言葉を低く音にした。
「君の一存で消してくれて構わない」
 それだけでアーキは、この王がどれだけ身内を想っているかを察した。

 王が、守って欲しいと言う相手を増やしたのは、それから数年後。
「妹の直属になってくれないか」
 瓶底眼鏡をかけてメイドに扮した格好のアーキが、あずまやでお茶を出している時に、彼はまた唐突に言い出した。
「ですが、そういたしますと陛下の警護が……」
 抜けた人間の演技をする事も忘れて、素で返してしまう。すると王は柔らかく微笑み、カップを手にして優雅に傾けた。
「僕も君が傍にいてくれると心強いんだけど、僕の知る中で最も信頼できる身内以外の人間が、君なんだ。頼むよ」
 たちまち頬が上気する。この人は素面で何という殺し文句を放つのか。そしてどうしていつも、他人ばかりを慮って、自身をかえりみないのか。
 しかし、この人にそこまで言われて、嫌だと、あなたの傍を離れたくないと駄々をこねるほどの小娘である歳は、アーキはとうに超えていた。
「では、お約束を願います」
 眼鏡を取り素顔を見せ、至極真面目な表情で、アーキは王の顔を見つめて口を開いた。
「私より信頼できる護衛を必ず置いてください。私が安心して陛下のお傍を離れられるように」
 彼は碧の瞳を軽く見開いて一瞬返事を失ったようだった。が、すぐに取り繕うと、
「わかったよ。君とプリムラの為にも」
 と、深くうなずいたのだった。

「ところで君はいつ結婚するんだい?」
 この執務室で、彼にそう問われた事がある。
「同じお言葉を返させていただきます」
 平然を装って紅を引いた唇をにっこり持ち上げ、まぜっ返す。
「それを突かれると痛い」
 ペンでとんとんと机を叩きながら、彼は苦笑して頬杖をついた。そんな事をしたらあっという間にペン先が駄目になるだろう、という、今の話に全く関係無い考えが浮かぶ。
「これでも、僕が振り回したせいで、君が婚期を逃してしまったのではないかと、心配しているんだけどな」
「陛下のせいではございませんよ。その気になれば、相手など腐るほどおりますので」
 あくまで笑顔を保って告げると、「たしかに」彼はふっと笑み崩れて肩をすくめた。
「陛下こそ、望めばどなたでも喜んで嫁いで来ますでしょうに」
「それなんだよ」
 彼は困ったように嘆息して、一枚の書類をこちらに向けて差し出した。一介の密偵が見ても良いのか。無言で問いかけるとうなずき返されたので、受け取り視線を落とす。そしてその目を驚愕に見開いた。
「ダーレンやヘルベルトが勝手に進めていたらしい」
 そこに書かれていたのは、王の婚姻の話。相手は、冷戦状態にある隣国セァクの王姉であった。
「……悪いお話ではないと思いますが」
 しばらく言葉を失った後に、ようよう紡ぎ出したのは、そんな無難な台詞だった。
「僕に悪くなくても、相手に悪いかもしれない」
 書類を返すと、手を伸ばして受け取りながら、碧の瞳が憂いに曇る。
「セァクのエン・レイ姫は十七だそうだ。年齢が釣り合わない。彼女に悪い」
「王族の結婚に、年齢はさほど関係無いと思います」
 歴史をたどれば、跡継ぎをことごとく失った老王が、孫になりそうなほど歳の離れた女性を妃に娶った例もある。王は二十八だ。十一の差などさしたる問題にはならないだろう。
「祝福してくれるのかい?」
 碧の瞳が試すように問いかける。
「私はイシャナの家臣です。主の幸福を祝わないいわれはありません」
 笑顔を張り付けて返すと、彼は「そうか」と少しだけ寂しそうに微笑んだのだった。

 ただの少女と少年の頃に本心を告げあっていれば、また違う道があったのだろうか。しかしそれに気づいた時には二人ともとっくにいい大人で、本音でものを語る事など乳臭い、と笑われる歳になっていた。
「レイ様」
 机の上に指を滑らせながら、アーキはまだ目の前の椅子に彼が座っているかのように語りかける。
「お別れですね」
 そう、今日は統一王国の首都が正式に遷都される日であった。既に王族や家臣、多くの民がイナトを離れ、再建されたアイドゥールへと移って行った。旧王都は一地方となり、いつかはイシャナ一の都であった事も歴史に埋もれる。そしてこの執務室で過ごした王達の名さえ、忘れられてゆくに違いない。
 だけど自分は忘れない。アーキはそう心に決めている。
 弱い身体を抱えながらも強い意志をもって生きた、イシャナ最後の王の事を。
「レイ様」
 机の上をたどっていた指が止まる。万感の思いを込めて、その一言を口にする。
「愛しておりました」
 その言葉を別れの挨拶代わりにして、アーキは執務室を静かにあとにする。扉が閉まった部屋には、静寂だけが落ちている。
 机の上には、埃の取り払われた跡が、人の心を表す形を示すように残されていた。

TOP