5:西方からの訪問者

BACKTOPNEXT


 少女の手首をつかみ見つめ合う形になったまま、カナタはしばらくの間動く事ができずにいた。黒目がちなつり目。きゅっと引き結んだ薄い唇。炎のような赤毛は短めだがよくよく見れば男っぽいという訳ではなく、きちんと女としての美しさを備えている。
 しかしカナタが驚いたのはそこではない。イシャナのものでもセァクのそれでもない、獣の毛皮を使った衣装。間違いない、つい昨日王城で見た、西方の人間の服装と同じである。
「いつまで人の手をつかんでいるつもり?」
 苛ついたように少女がじとりと睨みおろしてくる。そっちこそ人の首根っこをおさえ込んでいるではないか。むくれながら手を離すと、カナタの喉も解放された。
「大丈夫か?」
 むせ込みながら息をととのえると、もう一人の自分の声が聴こえる。ようよう追いついた大きいカナタは、少年の上に少女が馬乗りになっている体勢を見て、目を真ん丸くし、それから、困ったように頭をかいた。
「邪魔しない方がいい?」
「助けろよ!」
 即座にカナタの悲痛な叫びが袋小路に響き渡る。少女は、カナタともう一人のカナタを見比べて、怪訝そうに首を傾げた。
「親子?」
「残念だけど、違う」大きいカナタが肩をすくめた。「一口では説明できない関係でね」
 それを聞いた少女がきょとんと目をみはり、大分間が経ってから、「……ああ」と得心が行ったかのように気まずそうな苦笑いを浮かべた。
「すまない、疎くて。お邪魔虫は私だったか」
「違うよ!!」
 カナタは本日二度目の怒声をあげる羽目になった。
「いいから退けよ、重い!」
「女性に体重の事を言うなんて、騎士らしくないわね」
 少女は呆れ半分に吐息をつきながら、ようやっとカナタの上から降りる。ぱんぱんと手をはたき、服についた砂埃を払い、短い髪に手櫛を通して身を起こすと、思ったより小柄な全身像が露わになった。
 ぶつけてまだ少し痛む頭をおさえながらカナタが立ち上がると、少女はカナタともう一人のカナタを、黒い瞳で順繰りに見渡し、
「お願いがあるの」
 と不躾に話の口火を切った。
「私をイナトに連れて行って欲しい」
 至極簡単に発せられた予想外な願いに、カナタ達は返す言葉を失ってぽかんと立ち尽くしてしまう。
「……それはまた、何故?」
 大きいカナタがようよう声を絞り出すと、少女は凛とした光を瞳に宿して、腰に手を当て言い切った。
「ユスティニア姫を救出する為に」
 迷いの無い断言に、カナタ達はまたもあっけにとられるしか無かった。
「根拠は?」
「言えない。だが、王国内にも西方にも、内通者がいる」
 その言葉には、大きいカナタが殊更大きな溜息をついて、肩をすくめる。
「教えてもらえない根拠の為に、こちらも迂闊に動く訳にはいかないな」
 翠眼がすっと細められ、目の前の少女を油断無く見すえる。
「第一、君が何者か、僕らは知らない。僕らをはめようとする西方の間者ともとれる」
 少女がぐっと言葉を呑んで黙りこくる。さっきまでは餓えた獣のようにぎらぎらしていたのに、打って変わってまるで見捨てられた子猫のようだ。
「どう取られても仕方無い。私には今、身の証を立てられる物が何も無いから」
 だが、と気を取り直した強い視線がカナタ達に向けられる。
「今動かねば、事態は手遅れに向けて過ぎてゆくばかりだ。王立騎士団なら、正規軍とは違ってある程度自由に動き回れるのでしょう?」
「そこまで見越して、僕らが現場検証に来るのを張っていたのか」
 大きいカナタが再度息をついて、がりがりと頭をかく。その様子はやはり、予定外の事が起きて困った時に父がするのと同じ仕草なのだが、今はそんな不粋な事に触れている場合ではないとカナタは言葉を仕舞い込む。
「しかし、ここに来るのが僕らじゃなくて正規軍の人間だったら、どうするつもりだったんだい?」
「その時は、城に忍び込んででも、どうにかあなた達に接触をはかっていたわ」
 悪びれた様子も無くしれっと言い切る少女の態度に、カナタは唖然とし、大きいカナタは三度目の溜息をついた。
「そこまで覚悟があるなら、協力しない訳にはいかないか」
 少女がぱっと顔を輝かせる。彼はそこに「ただし」と釘を刺した。
「ヒカ……陛下には報告させてもらうよ。仮にも騎士団の長が、おいそれと無断でアイドゥールを離れる訳にはいかないからね」
 そう言って彼が振り返った先には、いつの間にやら小さな影が膝をついてかしこまっていた。薄茶の髪に青灰色の瞳が鋭く光る、小柄な少女だ。動きやすい黒装束に身を包み、幼さが残る顔には、しかし決して隙が無い。
「マリエル」
 少女の存在はカナタも知っている。叔母であるプリムラ王妃の、懐刀の女性に跡継ぎとして育てられている娘だ。彼女のもとへ歩み寄りながら、大きいカナタは淡々と告げる。
「聞いての通りだ。陛下に報告を頼むよ」
「団長、馬は」
 たしか妹のトワと同じ十三だという少女はしかし、若さを一切感じさせない抑揚の無い声で、大きいカナタに訊ねてくる。
「どこか道中で調達するからいいよ。遠出した証拠を王都に残したくない」
「わかった」
 言うが早いか、マリエルは音も無く跳ねて路地裏の屋根の上へ消えた。あの少女密偵の姿はカナタも幾度か目にしているが、もう一人の自分以外と言葉を交わしているところを見た事が無い。まるで人形のように淡泊な印象だ。
「善は急げだ、さっさと移動しようか」
 大きいカナタが周囲を見渡しながら声を低める。
「どこに裏切り者が潜んでいるかわからない状態じゃ、見張られているかもしれない。できるだけ隠密に、王都を離れたい」
 それから、思い出したとばかりに少女の方を向いて、彼は問いかける。
「君の名前は? 道中を共にするんだ、呼び方くらいは教え合っておこう」
 そして、僕もこいつもカナタだからどう呼んでもいい、とぞんざいに己とこちらを指差す。
「ユ」
 少女は声をあげかけて、何を思ったのかぐっと呑み込み、二、三瞬考え込んだ後で。
「……ユーリル」
 と、さっきまでの覇気が嘘のような細い声でぽそりと洩らすのだった。

BACK / TOP / NEXT