君と一緒なら、この荒れ果てた世界の何処までも。


この作品は、『恋花』様のお題『世界の果てを目指す七つの物語』を使用して書かせていただきました。

01:古き伝説を紐解く運命の手 ('09/06/12)
02:夕闇色に染まる別れの言葉 ('09/07/07)
03:月なき夜に捧ぐ幻想哀歌 ('09/08/10)
04:荒野に咲き誇る希望の花 ('09/09/11)
05:碧き聖域に眠る最後の天使 ('09/10/23)
06:儚き幻影が見る永遠の夢 ('09/11/06)
07:世界の果てに沈む嘆きの楽園 ('09/12/04)
--:あとがき

画像素材/背景:『七ツ森』(シギ様)

TextトップHOME