プロローグ:或る一人の独白
TOPNEXT

 彼女はいつもそこに居た。
 風渡る草原の中、座り込んで。
 晴れの日も、曇りの日も、風の強い日も――さすがに、雨の日は居たか、確かめていないのでわからないが――、とにかく彼女はいつもそこに居て、空を見上げていた。
 私はあまりに気になって、ある日意を決して彼女の傍へ近づき、訊ねてみた。
 何をしているのですか、と。
 すると彼女は、見上げていた天空と同じ色の瞳をこちらに向け、女性、と呼ぶにはまだ少女らしさを残す顔に優しい微笑を浮かべて、答えた。
「ひとを待っているんです」
 彼女は私に、隣に座る事を勧め、あまり上手じゃありませんけど、と、傍らに置いていたバスケットを開いた。
 やや不揃いなサンドイッチを手に取ると、最前まで魔力の冷却水筒に入っていてよく冷えた、レモンスカッシュの注がれたコップまで渡される。
 待ち人の為に用意したものでしょう、良いんですか、と訊くと。
「いいんです。今日来るかどうかさえわからないんだから」
 彼女は少し寂しげに答えた後、再び空を仰ぐ。
 しばし落ちる、沈黙の後。
「約束を、したんです」
 彼女は言った。穏やかな顔つきで。
「ここでまた会おうって。あの日の約束を果たす為に、ここで彼を待っているんです」
 そうして彼女は語り始めた。
 ここでこうして『彼』を待つに至った、長い長い物語を。