第10章:光炎の翼を(5)
BACKTOPNEXT

 光炎の翼カルバリーの炎を浴びたヒドラは、丸焦げになって地に倒れ伏した。
 あたしたちは安堵の息をついて、それぞれの武器をしまう。カルバリーもセレンの元に戻ると、ふっと消えた。途端に、彼を取り巻いていた神々しさは消え、瞳の色も、金赤色から金の要素が失われて元の赤に戻ったようだ。
「皆、大丈夫か」
 セレンがあたしたちの前に降り立つ。
「……すごいね」
 あたしはあっけに取られて、そんな感想しか述べられなかった。前に人の髪について、長いほうがよかったとしか言わなかった彼を笑えない。
「すごい、すごいじゃんか、セレン!」
 あたしが何とか先を続けようと言葉を探していると、それをずいとおしのけて、ユエナがセレンの前に進み出た。
「これで長より強くなったんじゃないの? もう、半端者だなんてシエナの誰にも言わせない」
 自分事のように喜々とした調子のユエナに、セレンはどこか寂しそうに返す。
「別に、長を出し抜こうとか、皆を見返そうとか、そんな事を考えてた訳じゃない」
「でも、実際なったんだ。少しぐらい今までの仕返ししたって、バチは当たらないさ」
「そんな事、セレンはしないよ」
 思わずあたしは口を挟んでいた。ユエナの赤い瞳が、うるさそうにこっちに向けられる。
「あんたがセレンの何を知ってるっていうのさ」
 知らないよ。あたしはゆるゆる首を横に振る。たしかにあたしは、彼の全部を知ってる訳じゃない。一緒に過ごしたのも、ほんの数ヶ月だ。
 だけどこれだけは言える。たしかにわかる。
「セレンは誰かを恨んだりとか、傷つけようとか、思うひとじゃない」
 悩みを抱え込んで、誰も巻き込まないようにとひとりで飛び出して行ったような彼が、ひとを憎んだりとか、何かを壊そうとかなんて、できる訳が無い。
 それにきっと彼がフェルバーンのように破壊を望んでいたら、光炎の翼だって力を貸してくれなかったと思う。憶測だけど果てしなく確信に近く、あたしはそう考える。
「あんたなんかに言われなくたって、アタシは」
 ユエナが反論を口にしようとする。が、あたしの視線は、彼女の背後で身じろぎする、死んだはずのヒドラの姿に向いた。焼け焦げた頭がのろのろと持ち上がり、最期の力を振り絞って炎を浴びせようと口を開く。
「――ユエナ!」
 あたしは咄嗟にユエナの名を呼び突き飛ばして、彼女の前へ飛び出していた。そこに高熱の息が襲いかかる。
 ああ、また死ぬのかな。今度はきっと生き返れない。
 ぼんやりと思考しながら、あたしの意識はぷっつりと途切れた。

 ぷっつりと。途切れたはずの意識は、戻る時も急速だった。
 はっと気づけば、見慣れない天井、身に慣れないベッド。その周りを、セレンと、レジェントと、ユエナが囲んで、心配そうに見下ろしていた。
「気づいたか」レジェントがほっとした様子で息をつく。「君に万一の事があったら、ラテジアに申し訳が立たないところだったよ」
「よかった」セレンも心底安堵したように。「また、いなくなっちまうかと思った」
 身を起こして、自分の身体をしげしげと見回してみる。ヒドラの炎に焼かれたはずの身体は、どこにもやけどが無かった。
「ユエナが治してくれたんだよ」
 レジェントが疑問に答えてくれた。
「君のために、魔力が尽きそうになるまで回復魔法を使ってくれた」
 ユエナが? 驚いて見やると、彼女は気まずそうに視線をそらして、
「ほ、本当は」
 しどもど洩らす。
「あの程度の炎、火のアストラルが食らったって何とも無かったんだ。なのに余計な真似するから」
「ユエナ」
 ぴしゃりとセレンに言われて、ユエナは首を引っ込め、目線はこっちに向けないまま、告げた。
「……、……」
 ものすごく小さい声だけど、たしかに聞こえた、「ごめん」と「ありがとう」。あたしはすっかりあっけに取られてしまう。
「か、勘違いするな!」
 ユエナは心なしか頬を赤く染めて、きつい調子で言い張った。
「ちょっとしか見直してないからな、ちょっとしか! 人間全部に対する気持ちが変わった訳じゃない!」
 あたしはしばらくぽかんと口を開けてしまう。視線を転じると、セレンとレジェントは微苦笑して肩をすくめてみせた。あたしも口の端を持ち上げて、ユエナに向かって頭を下げる。
「それでもいいよ。助けてくれてありがとう」
「……なんで、そんななんだよ」
 ユエナはやっぱり横を向いたまま、ぼそりと呟いた。
「かなわないって、思っちゃうじゃないか」
「かなわないって?」
 あたしは小首を傾げる。
「力なら、ユエナの方が圧倒的に強いと思うけど」
 その言葉に、ユエナはやっとこちらを向いてくれた。けど、なんだかやけに複雑そうな表情で。
「そういうふうだから……」
 彼女は何か言葉を続けたかったみたいだけど、部屋のドアが開かれる音で中断を余儀なくされた。入ってきたのは、長のハヴィッツ。彼はあたしを一瞥してから、すぐに興味を失ったように、セレンに視線を移す。
「光炎の翼を継いだか」
「はい」
 相変わらず、血の繋がった家族とは思えない、固い声でのやりとり。
「ならば、お前が求めるものは、儂が渡さずともお前の中にあるはずだ」
 早口気味にそう告げて、火のアストラルの長はさっさときびすを返す。
「その力でアポカリプスを倒してみせよ」
「……わかりました」
 ハヴィッツが部屋を出てゆく。祖父と孫の会話は、決して歩み寄りを見せる事なく終わった。だけどセレンは、それも些細な問題だとばかりに平然としていた。そして、いつの間にか心配そうな表情を作ってしまっていたらしい、あたしの方を向いて、笑みを浮かべる。
「カルバリーが宿った時に、カルバリーの持つ情報を得られたんだ」
 彼は続けた。
「神剣のありかがわかる」
「本当?」
 あたしが目を丸くして訊ねると、セレンは力強くうなずく。
「神剣が手に入れば、それとカルバリーの力であの島の結界を解いて、アポカリプスの元に乗り込める」
「クライスフレインに戻ったら、今度こそ、カバラ社のアスター殿と連絡を取れるように努力してみよう」
 レジェントが口を開く。
「カバラ社の力を借りれば、色々と事もたやすく運ぶかもしれない」
「それだけじゃ足りないだろ」
 そこにユエナが割り込んだ。ただ、その口調は、単にあげあしを取りにきた訳ではなさそうだ。
「人間の技術が、アストラルに追いついてるとは思えない。アタシが他のアイトを回って、そのカバラとやらに技術提供できる事があったら、してやるように、声をかけて来る」
 まさか彼女が人間に協力を申し出てくれるなんて。あたしたち三人がびっくりして注目すると、彼女はまたそっぽを向きながら。
「だから勘違いするなって。人間のためじゃない。セレンが困らないようにしてやるだけだ」
「それでも嬉しいよ」あたしは笑顔を彼女に向けた。「ありがとう」
「何回もありがとうありがとう言うなよ」
 ユエナは、決まり悪そうにぽりぽり頬をかいた。
「それでも言わせてくれよ、ユエナ」
 セレンがユエナに右手を差し出す。
「ありがとう」
 ユエナはやっぱり、握手を求める手を怪訝そうに見下ろしていた。
「ああ、これか」
 今気づいたとばかりに、セレンは笑顔で説明する。
「人間の挨拶は、こうして手を握り合うんだ」
 それであたしは悟る。アストラルには握手の習慣が無いんだ。さっき彼女があたしの握手を無視したのは、わざとじゃなくて、本当に知らなかったからだ。そういえば、最初にセレンと出会った時も、彼は握手をわからなかったみたいだし。
 ユエナは確実に戸惑った後、はれものにでも触れるかのように、恐る恐る手を差し出し、握って。
「あんたは」
 セレンを真正面から見つめて、少し寂しそうに笑みを洩らした。
「すっかり人間側になっちゃったんだな」

 シエナ・アイトのアストラルたちがあたしたちを見送る目は、来た時とは少しは変わっていた。それは多分に、あたしたちがヒドラを倒し、セレンがカルバリーを手に入れた事に対する、人間への価値観の変化のせいだと、考えていいのだと思う。
「そういえばさ」
 彼らの視線を浴びながら歩いていたあたしは、ふと思い出してセレンとレジェントに訊いた。
「あのヒドラ、首がひとつ足りなかったでしょ? 何でだと思う?」
 二人が同時に振り返る。
「もしかしたら、だが」
 レジェントが推論を述べた。
「昔、誰かがあのヒドラに挑んだのではないかな」
 それが誰で、どうなったかはわからないが、とレジェントはつけ加えた。それを聞いて、まさか、と考える。
 ヒドラに挑もうとした過去の人物を一人、あたしは知っている。もしかして、もしかしたらだけど。彼は本当にヒドラと戦って、首をひとつ落とすところまではしたのかもしれない。最愛の人たちの所に戻る事はかなわなかったけれど。
 あくまであたしの憶測だ。真実は、闇の中。
 あの山に眠っていたカルバリーを宿したセレンなら、全部わかっているのかもしれない。だけど彼は、
「そうかもな」
 と、淡々とレジェントに返すばかりで、哀しいとか、寂しいとか、悔しいとか、そんな感情を一切表面に出す事が無いまま、故郷をあとにした。