『来し方行く末』登場人物

矢田未来(やだ みく)
本編主人公。高校2年生。17歳。
日本人でありながら、金色の瞳を持つ為、周囲から疎外されていた。
異世界の一国、フォルティアの戦巫女として、召喚される。

ファルスディーン・フォン・フォルティア
未来を召喚した、フォルティアの第一王位継承者(王子、ではない)。
青い髪、金の瞳が通例のフォルティア王族の中にあって、赤い髪に紫の瞳をしている。それが原因で、城内では孤立気味。16歳。


矢田利久(やだ りく)
未来の弟、中学3年生。15歳。
幼い頃からいじめられる姉を守らねば、という義務感にかられている。
異世界で未来と離れ離れになり……。

スティーヴ・マクソン
ファルスディーンの乳兄弟で護衛騎士筆頭。彼の数少ない理解者。22歳。

瀬戸口芙美香(せとぐち ふみか)
フォルティアの隣国、ネーデブルグの戦巫女。大学1年生の18歳。
実際には妹だが、性格は姉貴分。黒い長剣で戦う。


サフィニア・フォン・ネーデブルグ
ネーデブルグの姫。14歳。身体的にも精神的にも、実年齢より幼い。

カーレオン・フォン・ネーデブルグ
ネーデブルグ王。サフィニアの腹違いの兄。25歳。
表向きの人当たりは良いが、腹の底には野心を秘める。

セルマリア・フォン・ステア
ステア女王。何故各国に侵攻を開始したのか、その真意は不明。

ヴォルフラム・バロック
ステアの将軍。実直な武人。

ヒューリ・リンドブルム
セルマリアが重用する謎の少女。
無邪気で残酷な性格と、戦巫女に匹敵する能力を持つ。


アリスタリア
世界を創ったとされる女神。
三国が危機に陥った現在も、いまだ姿を見せていない。

前ページへ戻る