序章:御子―みこ―

TOPNEXT


 ステンドグラスの窓から差し込む陽光は、決して強くはないのに、じりじりと身を焦がすようだ。
 大理石の床に両手をつき、荒い息を洩らす。力を込めて拳を握り締めると、じんわりと血がにじんだ。
 やはり、駄目なのか。自分では。
 女の身では無い、王家の者たる資格すら有さない、自分では。
 ―否。
 必ず果たしてみせる。
 自分で自分を抱き締め、心を奮い立たせると、彼は、この静かな神殿中に反響する声を、張り上げた。
「―戦巫女!」
 まるで祈りとはかけ離れた、大音声を。
「俺の呼びかけに応えろ、戦巫女!」

 唐突に。
 誰かに呼ばれたような気がして、未来みくは、シャープペンシルを動かす手を止め、顔を上げた。
 しかし、見渡す教室内は、変わり無い、退屈で眠気の襲い来る、午後の授業の風景。
 未来の様子に気づいた教師が、公式の説明を止め、声をかけてきた。
「どうした、矢田。何か質問か」
「いいえ、何でもありません」
 慌てて取り繕い、再びノートに向かう。
「集中しろよ。2年生とは言え、もう、大学受験を視野に入れなければ、ならない時期なんだからな」
 教師はそうたしなめて、授業に戻ったが、周囲からは、ひそひそと声があがる。
「また、矢田さんだよ」
「ちょーっと成績がいいからって、気ぃ抜いてるよね」
「違う違う、あれは宇宙と交信してたのよ」
「なんたって矢田は、宇宙人だからね、ウチュージン」
 再びノートの上を走らせ始めていたシャープペンシルを握る手が、止まる。
 こつん、と、頭に何かが当たって、床に落ちる気配がした。ちらりと横目で見れば、くしゃくしゃに丸められた、ノートの1ページ。
 未来はそれを、拾って広げる事をしなかった。誰がやったか、大体見当はつくし、中には、程度の低い、心無い言葉が書き殴られている事も、想像出来る。
 授業に意識を傾けようとした未来の耳に、囁き合いの続きが届いた。
「そうそう、矢田さんのあの目。ニンゲンやめてるよねえ」
 幼い頃から、その特異性に、好奇と嫌悪の視線を向けられ、珍しがられたり、からかわれたり、避けられたり、あからさまに悪意をぶつけられる事は、数えきれない程あった。
 もう慣れた。生んでくれた両親を恨む気は、さらさら無い。
 それでも、時折襲い来る、孤独感。
 うつむいた未来の瞳―薄茶色を越えて、最早金に近い瞳―が、かすかに、揺れた。

TOP / NEXT