1章:文歌―ふみか―

BACKTOPNEXT


 隣ではファルスディーンがひざまづき、後方に、スティーヴが控えている。
 王太子が頭を垂れる相手は、謁見の間の、最も高い場所、玉座に座していた。もっとも未来みくも、ファルスディーンの真似をして、深く頭を下げていたので、相手をまじまじと見る事はかなわなかったのだが。
 現実味の全く無い体験をした後、実物を見た事も無かった、天蓋つきのベッドで休んだ翌朝、未来がしなければならなかったのは、この世界では異質すぎて目立つ制服の代わりに、フォルティア製の布地で作られた服を着込み、ファルスディーンに連れられて、国王に挨拶をする事だった。
 きっとこれは夢で、一晩眠れば、元通り、元の世界の自室で朝を迎えているのだろう。ダイニングへ降りたら、いつものように、父が新聞を広げ、母が朝食の準備をしていて、寝癖をつけたままの利久りくが慌ただしくやって来るに違い無い。そんな、未来の抱いた淡い期待は、粉々に打ち砕かれた訳だ。
「スティーヴから、昨夜のうちに、報告は受けているよ。顔を上げてくれたまえ、戦巫女殿。ファルスディーンも」
 穏やかな声に、未来は従って良いものか迷ったが、横目でうかがうと、ファルスディーンは伏せていた顔を、毅然と前に向けていた。なので、それに倣う。
 玉座に居た王は、中年の男性だった。顔立ちはファルスディーンに似ているが、雰囲気が異なる。その原因を探し求めて、未来はすぐに思い当たった。赤髪紫瞳のファルスディーンに対して、この王は、青い髪に、金の瞳―元の世界では、未来一人しか居なかった金の瞳―を持っているのだ。
「現在、フォルティアの王座を任されている、フォルカ・フォン・フォルティアだ。未来殿、フォルティアは、戦巫女の降臨を、心より歓迎する」
 王は名乗り、柔和な笑顔を未来に向けた。
「戦巫女がこの国を訪れたのは、実に400年ぶりだ。当時の伝統を知る者が居ない現状、何かとご不便をおかけするかもしれないが、遠慮無く、我々を頼って欲しい。戦巫女に助力を惜しまない。それだけは、先祖代々伝わっている、王家の務めだからな」
「私も王族として、出来得る限りの力を尽くします」
 ファルスディーンが言葉を発し、すっと紫の瞳を細める。
「戦巫女について行き、フォルティアを棄てた、いつぞやの王族のようにはなりません」
 その言葉に、未来は何故か、胸がちくりと刺されるような、痛みを感じた。ファルスディーンの口調に、棘を感じたからだけではない。何か、ひっかかりを覚えたからだ。
 未来のそんな心情に気づかず、フォルカ王は、苦笑をファルスディーンに向ける。
「そう力むな、ファルスディーン」
「しかしこれは、直系王族である、私の役目です、陛下」
 フォルカの眉間に、ますます、困ったような皺が寄る。
「叔父と呼んでくれないか、我が甥よ。私は、王の器ではない」
「私も、王太子の器ではありません故」
 王と王太子だから、てっきり父子だと信じきっていた未来は、交わされた言葉に驚き、思わず、フォルカとファルスディーンの顔を交互に見比べてしまった。それに気づいたファルスディーンが、前を向け、とばかりにきつい表情を向けたので、慌てて視線を逸らし、そして、何の気無しに、そのまま視線を周囲に巡らせて、未来は、ある違和感を感じ取った。
 両脇には、フォルティアの重鎮だと云う家臣達が、居並んでいる。しかし彼らの誰一人として、ファルスディーンを、見ていないのだ。
 ここが謁見の間である以上、最も高い地位に属する王たる、フォルカに注視せねばならないのは当然だが、それとはまた、事情が異なる気がする。まるで彼らが、無視するように、ファルスディーンの存在を、己の視界から無理矢理締め出しているかのように、未来は感じた。
「ともかく、未来殿」
 フォルカの声が自分に向けられた事で、未来は我に返り、前へ向き直る。
「全ての戦巫女が、初めから、その力を存分に発揮できた訳ではない。力に目覚めるまで、焦らずに、過ごしてくれたまえ」
「ありがとうございます」
 未来は深々と頭を下げた。学校では、優等生で通ってきた未来だ、目上の者に対する態度の取り方は、わざわざ教えられるまでも無く身に染みついている。
 しかし。
 国王の言葉には、裏腹に、早く戦巫女としての力に目覚めて欲しい、目覚めて、フォルティアの為にその力を振るってくれ、と云う過剰とも言える期待が込められている気がして、未来の心は、重く沈んでゆくのであった。

「素晴らしいですね」
 謁見の間を辞して、廊下を歩いていると、スティーヴが、感心しきった様子で、未来に声をかけてきた。
「陛下の前でも、少しも怖じ気づかずに振る舞われるとは」
「きょろきょろ余所見はしていたがな」
 ファルスディーンが、むっつりとした顔で口を挟むので、未来がスティーヴの賛辞に、照れたりする余裕は無かった。
「まあ、それくらいにしてあげてください、ファル。戦巫女様は、既に基本的な力は、発揮されているのですから」
 スティーヴの台詞に、未来が首を傾げると、騎士は、穏やかな笑みを向けた。
「翻訳機能ですよ。戦巫女様の語る言葉は、きちんと、我々の言語、ヴィルム語に聞こえます」
「え、そうなんですか。私には、皆さんの言葉が、日本語……私の母国語に聞こえるんですが」
「互いに言葉が通じるなら、それに越した事は無いだろう。お前のヴィルム語は、アスケイス地方の訛りが入っているがな」
 ファルスディーンの言葉は、相変わらずそっけない。どうしてもっと、他人を気遣う言い方が出来ないのだろう。未来は少しむっとしたのだが、わざわざ、訛りひとつについて、彼と口論を交わしても仕方が無い。
「それより」
 話題を振り替える事で、未来は苛立ちを昇華するように決めた。
「この服……その、少し、私には、似合わないんじゃないでしょうか」
 薄緑のシャツの上に、クリーム色の中に、やはり薄緑のアクセントが入ったジャケットを羽織り、下は、同系統のスカートに、ショートブーツ。元の世界では、した事も無い格好だ。
 何より、校則を忠実に守って制服を着てきた未来には、膝上のスカートなぞ、はいた経験が無い。脚がすうすうする上に、恥ずかしさが募る。
「何を仰いますか。良く似合っておりますよ」
 スティーヴはそう言ってくれたが、やはり気恥ずかしい。出来るだけ、膝に近づけようと、スカートを引っ張っていると。
「何が気に入らない」
 ファルスディーンが、不機嫌を隠しもしない態度で、未来を見た。
「お前の髪や瞳の色に合わせて、選ばせたんだぞ。感謝されてもいいくらいだ」
 瞳の色。
 その単語が、未来から急速に、冷静さを奪い取った。元の世界での、瞳を原因に疎外された日々が、鮮やかに脳裏に蘇る。
「……外見で」
「何?」
 ファルスディーンは怪訝そうな表情を見せる。昨日出会ったばかりの彼が、事情を知らなくて当然だ。だが未来は、声を荒げずには、いられなかった。
「外見で、損をした事も無い人が、知ったような口を、きかないで!」
 スティーヴが深緑の瞳に驚きを浮かべ、ファルスディーンは憮然としている。そんな彼らに背を向けて、未来は廊下を駆け去った。

BACK / TOP / NEXT