3章:離苦―りく―

BACKTOPNEXT


 照りつける太陽の光と、さらさら流れゆく水の音。利久りくが目を覚ました時、最初に目と耳に入って来たのは、それだった。
「おや、大丈夫かね、あんた」
 山のような洗濯物の入った籠を抱えた、母と同じくらいの年齢だろう―しかし利久の母は、実年齢より若く見られる時が多いのだが―女性が、心配そうに覗き込んでいる事で、利久は自分が、川の浅瀬に、あおのけに大の字になって転がっているのに気づいた。
 身を起こして見渡した景色は、見覚えの全く無い場所だった。自分は確かに、姉といつもの通学路を歩いていたはずなのに、今目の前に広がるのは、川と山野と、煙突から長閑に昼餉の仕度の煙が立ちのぼる、外国の山奥に有り得そうな村。自分に声をかけた女性もまるで、よくやるゲームの、村人がしていそうな、少なくとも日本人のそれではない、質素な服装をまとっている。
「あの、ここは」
 ぽたぽたと髪からたれる雫と、身体に重くびっちり張りついてしまった学ランで、相当酷い外見になっているだろうと自覚しながらも、今の状況を把握するのが先だと思い、利久は訊ねる。変な場所で倒れていた上に変な事を訊く、と思ったのだろう。女性は、一瞬きょとんとした後、笑みを浮かべて答えた。
「ここはアルテム。ステア国辺境の、何も無い村だよ」
 女性は、何も言わずに利久を家に招き入れ、頭からずぶ濡れの利久に、良く乾いたタオルと着替えを用意し、食事まで与えてくれた。温かいパンとスープを口にする間に、利久は理解しようと努める。
 通学路で、女の声を聞いたと思った途端、光の奔流に飲み込まれた。にわかには信じがたいものの、恐らくそれで、どこか知らない土地に飛ばされたのだろう。地理はあまり得意ではない利久だが、少なくとも、地球上で、ステア国のアルテム村など、存在を聞いた事が無い。
 戦巫女。
 謎の声は、そう言った。もしかしたら、姉の事を指したのかもしれないとも思ってみるが、あの声はきっと、自分に向けられていた。そんな、根拠は何処にも無い確信が、利久の胸の内に生まれる。
 とにかく、共に巻き込まれたはずの姉未来みくを探し出して、元の世界に帰らなければ。しかしその前に、腹が減っては戦は出来ぬ。出された食事の残りを、一気にかき込んだ時だった。
「魔物だ、魔物の襲撃だぞ!」
 がんがんがん、と警鐘を鳴らす音に、利久を招いた家の者達はびくりと身をすくめ、部屋の片隅に固まった。利久は彼らとは逆方向、窓際に駆け寄り、外の様子を見やる。
 魔物など、空想の物語の中の話だ。利久の心中では、実感の湧かない恐怖より、興味の方が勝ったに違い無い。
 利久の目に、翼を持つ、異形の姿が映った。村の男達が、剣や斧を振り回し、対抗しているが、空を飛び回る魔物に対して、有効とは思えない。空中から急降下した魔物の爪に斬り裂かれて、一人が、血の尾を引いて倒れた。
 息を呑む利久はそこで、戦いの場から必死に駆けて離れようとする小さい影を見つけた。10歳くらいの少年だ。畑から掘り出したばかりだろう野菜を両の腕に抱えて、懸命に走っていたが、足をもつれさせて、転ぶ。その手から野菜がばらばらとこぼれて、無残に砕ける。そこを、魔物が見逃すはずが無かった。
「ちょっと、あんた、何する気だい!? 危ないよ!」
 利久は、家の者が制止するのも構わず、飛び出していた。サッカーで鍛えた足は、伊達では無い。あっという間に子供と魔物の間に入り込み、振り下ろされた腕を、がしりとつかんで止めた。
 しかし相手は、利久の予想を遙かに上回る力で、ぐぐ、と押してくる。いくら身体を鍛えていても、男でも、利久はまだ中学生だ。腕力にも限界がある。
 力があれば。利久は強く念じた。
 こんな魔物くらい、簡単に吹き飛ばせる力があれば。
 すると。
『ならば与えよう、戦巫女。歪んだ世界を、正しき方向に導くように』
 頭に直接響く、女の―先程の、畏怖を与える女のものではない―声が聞こえ、利久の中に、突き上げるような衝動がこみ上げてきた。
 雄叫びと同時、利久は腕に力を込める。それまで押されていたのが嘘のように、利久は魔物の腕を押し返し、そのまま、投げ飛ばした。
 少年が、村人達があっけに取られる目の前で、利久は、両の手に意識を集中させる。身の内に満ちる金色の光を感じ、やがてそれは、利久の手の中で、ひとつの形を取った。
 金色に輝く、通常より一回り小さい、しかし二槍流で振り回すにはうってつけの、二条の槍だった。
 武器など振るった事の無い利久だが、どう扱えば良いか、身体は勝手に動いた。右手の槍で、魔物の翼を引き裂き、左の槍で、心臓があるだろう位置を貫く。魔物は、断末魔の叫びをあげながら、黒い粒子をまき散らして、消滅した。
 利久はぎんと、残りの魔物達を睨みつけた。怯えるという感情が、魔物に有るかなど、知らない。だが、魔物達は確かに一瞬たじろいだ後、自棄気味にも聞こえる咆哮をあげて、利久目がけて殺到した。
 利久は槍を振るうだけで良かった。魔物は続々と、黒の粒子に還る。かろうじて、利久の修羅のような連撃から逃れた連中が、翼を翻して空中へ逃げる。
 逃がす気は無い。
 そう念じるだけで、どうすれば良いか、わかる。利久は地を蹴って、人間離れした跳躍力で、当たり前のように、飛んだ。何も無い空中を蹴り、鮮やかに舞うと、次々に、魔物を屠った。
 やがて、魔物が全滅したのを見届けて、利久は地上に降り立つ。これだけ、サッカーの練習並に動き回れば、大量に汗をかいて呼吸も苦しくなるものだが、今の利久は、息ひとつ乱れていない。
 金色の槍を手に、己の身に起きた大きな変貌を、今更驚きをもって受け止める利久の耳に、村人達の、信じられない、といった声が届いた。
「金色の武器……。戦巫女だ」
「ステアの、戦巫女様だ」
 振り返ると、いつの間にか、村人達が家から出て来て集まり、利久の足元にひざまづいている。利久は更に、当惑するしか無かった。

 数日は、穏やかに過ぎた。
 利久は、アルテムでの暮らしを受け入れつつあり、村人達も、利久の存在を受け入れていた。
『戦巫女様』と呼ばれ、何もしないのも手持ち無沙汰で身体もなまるので、何かを手伝おうと声をかければ、
「戦巫女様に、こんな雑用をお任せする訳にゃあまいりません!」
 の一点張りで断られてしまうのは、居心地が悪かったが。
 村人から話を聞いてわかったのは、戦巫女とは、女神アリスタリアに選ばれた存在。この世界の危機に、異世界から召喚され、フォルティア、ネーデブルグ、ステアの三国に一人ずつ降臨すると云う事。フォルティアの戦巫女は銀、ネーデブルグは黒、そしてステアは金の武器を操り、人並外れた能力を得る事。そして利久が、ステアの戦巫女らしいと云う事。ステアで男が戦巫女に選ばれるのは、そう珍しくも無い事、であった。
 何にせよ、誰に声をかけてもそんな調子なので、暇を持て余し、ぶらぶらと村の畦道を歩いていた利久は、向こうからやって来る少年に見覚えがあって、歩を止めた。
「お前、この間の」
 魔物の襲撃があった時、野菜を手に必死に逃げようとしていた子供だった。その手の中には、あの日のように、根菜やら葉物やらが、一杯につまっている。
「あの時は、怪我無かったか?」
 利久が問いかけると、戦巫女と普通に口をきいて良いものかどうか、迷ったのだろう。少年はきょときょと視線を彷徨わせた後、こくりと頷いた。
「その野菜、お前も畑仕事するのか」
 そのまま少年に並んで歩き出し、話しかけると、少年は、そばかすだらけの顔を心無しか紅潮させながら、答えた。
「いろんな人の畑を手伝って、野菜を分けてもらうんだ。うちは父ちゃんが居なくて、母ちゃんは身体が弱いし、弟や妹達はまだ小さいから、おれが働くしかない」
「そうか、その歳で、偉いな」
 利久が生まれ暮らした日本と云う国では、利久の歳ではまだ、芸能人にでもなるか、余程の事情が無い限り、働く事が許可されない。生活の全ては、15年間、親に頼りきりだったし、今後も、大学を出て就職するまでは、脛をかじりっぱなしだろうと考えていた。
 だから、こんな幼さで家族の為に働く少年に、素直に感嘆すると同時に、そこまでしなければ暮らしてゆけない境遇に、同情を抱かなかったと言えば、嘘になる。
「俺、矢田利久」利久は名乗った。「お前は?」
「ケイン」
 少年は短く答えた。
「ケインか。格好いいじゃないか、勇ましい名前だな」
 だが、ケインは、何か思い詰めたように黙り込んでいる。利久が首を傾げて見ていると、
「あのさ、お願いがあるんだ」
 少年は意を決して、利久を見上げた。
「うちの母ちゃんの病気を、治して欲しいんだ。今までの戦巫女様には、怪我や病気をあっという間に治せる人がいたんだって。利久様にも、出来ないかな?」
 利久は面食らった。戦巫女の力を振るったのは、この村に来た最初の日だけ、しかも魔物を退ける、攻撃的な力だけだった。戦巫女が癒しの力を持つなど、初耳だ。
 だが、不安と期待のないまぜになった表情で自分を見上げる少年を前にすると、出来ない、その一言では済ませられない。
「わかった」
 利久は請け合った。
「やれる限りの事はしてみる。だから、様なんてつけるなよ。『利久』でいい」
 ケインの顔が、ぱっと輝いた。今までより軽い足取りになって、利久を自分の家に連れて行き、招き入れる。
 少年の家は、働く者が少年しか居ないと云う言葉通り、貧しさが見て取られた。三人の弟妹達は痩せて、きっと実際の年齢はもう少し上なのだろうが、非常に幼く見える。
 奥の部屋へ入ると、ケインに良く似た、しかし不健康そうに痩せ細った女性が、床に身を起こして、息子の帰りを待っていた。病弱な身でも、戦巫女の噂は耳に届いているのだろう、見かけない顔である利久を、戦巫女と認識して、慌ててベッドから降りようとするので、利久はそれを押しとどめた。
「母ちゃんの病気は、街に降りて薬を買えれば治るんだけど」
 ケインはそこで言葉を切る。金銭的にも、少年だけが働けると云う状況的にも、それが叶わないのだと、暗に述べているのだろう。利久はケインの母親に近づき、右手を突き出して、目を閉じてみた。
 己の中の金色に問いかける。どうすれば、良いかと。しかし、戦巫女の力は、何も応えてはくれない。突き上げる衝動に駆られて敵を葬ったのが夢幻かのように、しんと凪いで、微塵の揺らぎを見せない。
 利久は長い間、内なる自分と向かい合っていた。しかし遂に、回復の能力は、発現する事が無かった。
「……ごめんな」
 利久は立ち上がり、ケインに詫びた。
「俺には駄目みたいだ」
「ううん。無理言ったのはおれだもの。ごめん」
 少年は微かな笑みを浮かべて首を横に振った。が、その瞳に、落胆の感情が満ち満ちているのは、隠しようが無かった。

BACK / TOP / NEXT