BACKTOPNEXT


 刈谷千登勢は、ぽつぽつと語り出した。
「わたくしの、戦巫女としての能力は、動植物を問わず、生物を意のままに操ると云うものでした。魔物もわたくしに従いますし」
 それで、狼達が彼女に従ったのか。納得すると。
「その気になれば、貴方がたに、命を絶つように仕向ける事も」
 本気では無い事を示すように微笑して、千登勢はファルスディーン達を見渡す。
「私の戦巫女としての戦いは、短く、あっけないものでした。魔物達に、退くように命じ、北の地へ向かい、デア・セドルに、自らを封印するように言った。それだけでした」
 デア・セドルは、強大な力を持つ魔族だったと云う。400年前、一度は復活したそれに、封印を強制するとは、千登勢は、未来とはまた別種の強さを持つ戦巫女であったに違い無い。しかしそれと、贖罪と、何の関係があるのか。ファルスディーンが首をひねると。
「わたくしの、戦巫女としての務めは、すぐに終わりました。しかしわたくしには、元の世界に帰る場所が無かったのです。婚約者は特攻隊として沖縄の空へ消え、3月の大空襲で、親族も全て失いました」
 特攻。空襲。その単語の意味を、ファルスディーンが知る由は無い。しかしそれらが、人の命を無情に奪う、不吉なものである事は、千登勢の口振りから、感じて取る事は出来た。
「そんな失意の中、フォルティアに召喚されたわたくしに、当時のフォルティア王子は、優しく接してくださいました。帰る場所が無ければ、このフォルティアを故郷にすれば良い、共にフォルティアを守っていこうと」
 過去の幸福な思い出に、幸せそうに微笑む千登勢の表情は、しかしすぐに、悲痛なものにとって変わられる。
「しかしあの方は、国王陛下の命で、ステアの姫君と、結婚する事になりました。裏切られた、と思いました。諦めるには、わたくしは、若過ぎました。わたくしは、強力な毒草に、育ちなさいと命じました。そして、婚姻の当日、その毒を食事に混ぜなさいと、厨房を出入りする鼠に命じました」
 そこまで聞いた時点で、ファルスディーンも思い出した。丁度千年前だ。結婚式の最中、突然亡くなったフォルティア王子が、居た事を。そしてそれが、急な病などではなかったと云う告白を、今、自分は聞いている。
「わたくしは、裁かれて、あの方の後を追う事を望みました。ですが、意志に反して、誰もわたくしを疑いませんでした。いえ、疑いは有ったのかもしれませんが、誰も口にしなかった。わたくしは、裁かれずに、生き残ったのです」
 口元を覆い、声を震わせながら、千登勢は続けた。
「わたくしは、堪え切れませんでした。そして女神アリスタリアにすがりました。デア・セドルを封印した際、女神が約束してくださった、願いを、かなえてもらえるように」
 彼女が何を願ったのか。ファルスディーンにもスティーヴにも、もう察しはついた。継がれた元戦巫女の言葉は、二人の考えに確信を与えた。
「わたくしは、永遠に終わらない罰を望みました。そして女神は、不死ではあるが、不老ではない身体を、わたくしにくださったのです」
 それで合点がいった。刈谷千登勢が千年生きている、しかも酷く老いている、その理由に。
「不死ですから、決して死にはしませんが、年を重ねて老いてゆくほどに、身体は衰えます。怪我や病を負えば、楽には治りません。しかしその苦しみが有る限り、わたくしは、あの方を忘れずに、生きてゆけるのです」
 沈黙が落ちた。ファルスディーンには理解しがたかった。この元戦巫女が、そこまでして苦行を負い、生き長らえるのが。自分は女の身では無いし、まだ子供だと自覚している。傍らのスティーヴなら、また何か異なる感想を抱くのだろうか。
 うつむき肩を震わせる千登勢を見て、余計な事を訊いてしまったのだと、罰が悪くなった。早めにこの場を辞すべきだという考えが、浮かび始めた頃。
 庵の外で、狼達が吠え始めた。激しい咆哮は、しかしやがてやみ、しんと静まり返る。
「わたくしが」
 立ち上がりかけたファルスディーンを制して、涙を拭った千登勢が出口へ向かい、戸に手をかける。その瞬間、ぞっと背筋をはい上がるような殺気を外から感じて、ファルスディーンとスティーヴは、剣を手に椅子を蹴っていた。
 警告を発するには遅過ぎた。扉が開いた途端、飛び込んで来た銀色の狼が、千登勢の喉を、噛み切っていた。
 千登勢が血を吐きながらあおのけに倒れきる前に、グランシャリオを抜き放ったファルスディーンは、狼を斬り捨て、庵の外に飛び出した。元戦巫女に従っていたはずの魔物達は、敵意を露にして庵を取り囲み、低い唸りを発している。
 彼らはさっきまで、大人しく千登勢に服従していた。一体、どういう事か。訳がわからず混乱するファルスディーン達の元に、耳障りな笑い声が届いた。
「あっはははは、フォルティアの戦巫女を始末できれば上々と思っていたのに、元戦巫女とフォルティア王太子まで、まとめて殺れるチャンスが出来るなんて、アタシはついてるんですの」
 狼達の後方で、腕を組んで立つのは、闇の中で逆に目立つ、色素の薄い髪と瞳。
「ヒューリ・リンドブルム!」
「あら、名前覚えてくれましたのこと?」
 ヒューリは八重歯の覗く口元をにたりと歪めて、怒鳴るファルスディーンを見返した。それを合図にしたように、魔物が一斉に飛びかかって来る。ファルスディーンとスティーヴは、それを斬って銀の粒子に還すと、油断無く、剣先をヒューリに向けた。
「何故、魔物がお前に従った」
「何故? 意外と鈍いですのね、キミ達」
 せせら笑って、ヒューリは、ファルスディーン達の後方に視線を向ける。
「そっちは、薄々気づいてるみたいなのに」
 首を裂かれても死ぬ事の無い千登勢は、ふらふら起き上がり、血の塊を吐き出した後、ヒューリを睨みつけた。
「戦巫女と同等の力……貴女は」
「はい黙る」
 少女の放った光弾が、千登勢の脇腹を貫いた。
「苦しいでしょ? あんたの苦しみを終わらせてあげる」
 ヒューリのかざした手から、白い光が生じ、元戦巫女を包みこむ。
「アリスタリアが課した業を、打ち消してやろう。心置き無く」
 にやりと、邪悪さに満ちた笑みが洩れる。
「死ねばいい」
 光がその身に吸い込まれ、千登勢はびくりと身を引きつらせて、地に倒れ込んだ。
「何をした!?」
「アリスタリアが、そいつに与えた罰を、終わらせただけ。その婆、もうすぐに」
 激昂するファルスディーンを、滑稽だとばかりに鼻先で一笑に伏して、ヒューリは、まるで世間話のようにさらりと言った。
「死ぬよ」
 ファルスディーンが、スティーヴが、ヒューリに斬りかかった。剣が相手を捉えたと思う瞬間、ヒューリの姿は揺らぎ、後方に転移する。
「あっははは、アタシを捕まえようなんて、無理ですの」
 ヒューリは哄笑を洩らす。が、次の瞬間、驚愕に目を見開いた。
 彼女の眼前に、七色の光が生じた。グランシャリオの転移能力を用いたファルスディーンが、追跡したのだ。避けるには遅く、金とも銀ともつかぬ輝きが、ヒューリ目がけて、躊躇い無く、振り下ろされた。
「っぎゃああああ!!」
 女らしからぬ悲鳴が、ぶちまけるように吐き出される。ファルスディーンの一撃は、ヒューリの左腕を、肩口から斬り飛ばしていた。
「痛い、痛いんだったら!」
 地に落ちた腕をつかんで、うずくまるヒューリに、ファルスディーンは、容赦無く剣先を突きつける。
「未来や千登勢殿は、もっと苦しい思いをした」
 紫の瞳が、非情に細められる。
「容赦はしない」
 ヒューリは、ぼたぼたと血をこぼしながら、ぎんとファルスディーンを睨み返した。
「楽しくない……ああ、楽しくないったら!」
 その姿が、揺らぐ。
「この借りは、絶対に返しますのよ。死んだ方がましだってくらい、後悔させてやる!」
 不吉な捨て台詞を残して、少女は消えた。後には、ファルスディーンと、スティーヴと、倒れ伏す千登勢と、静寂だけが残った。
 ファルスディーンは、グランシャリオを鞘に収めると、千登勢の元に駆け寄り、その身を抱き起こした。
「薬を持って来る。どれを取れば」
 スティーヴの取り出した布で傷口を抑えてやると、震える皺だらけの手が、そっと乗せられる。
「いえ、もう。己の身の事は、己が最も良くわかります」
「すまない、俺達が来なければ」
「これが、わたくしの寿命だったと云う事でしょう」
 ファルスディーンは唇をかみしめるが、千登勢は、死が迫っているとは思えない程穏やかに微笑む。それから、深刻に口を引き結んだ。
「お気をつけください。恐らく、真に戦わねばならないのは、ステアではなく、あの少女」
 突然の宣告に、ファルスディーン達は面食らったが、千登勢は続けた。
「我々戦巫女が、約二千年の昔から、いずれ立ち向かう事を定められていた相手」
「何者だ、奴は」
 ファルスディーンが問うと、千登勢は答えた。
「『拒空こくう』と……伝説には残っております。かつて女神が戦い、異世界に封じた者」
 初めて聞く名だった。歴史の授業で、耳にした事も無い。かつてアリスタリアと争い、その為に100年、この世界が荒れ果てた存在。その伝承は、ファルスディーンも知っているが、神話の域だと、思っていた。しかし、死に向かう者の言葉だ、虚言とは思えない。それに、それ程の存在なら、ヒューリ・リンドブルムの、戦巫女、否、神に準ずる能力にも、納得がいく。
 まだ訊きたい事はあった。どうすれば彼女に対抗し得るか。戦巫女を擁しても、人の身で、倒せるのか。だが、全てを訊くには、元戦巫女の残りの命の灯は、少な過ぎた。彼女は激しく咳こんで、更なる血を吐く。
「……ありがとうございます」
 千登勢の手が、宙を彷徨った。もう、目が見えていないのか。自分の顔を求めているのだと悟って、ファルスディーンは、血に汚れるのも構わず、その手を取り、己の頬に当てた。
「あの方と、同じ名を持つ方にみとっていただけるなど、わたくしには、身に余る幸せでした」
 ファルスディーン、と、最期に、声にならない言葉を唇がかたどり、元戦巫女は、息を引き取った。
 ファルスディーンはしばらく、かなり長い間、無言で動かなかった。しかしやがて、千登勢の手を下ろして、胸元で組ませると、怒りを瞳に宿して、その名を呼んだ。
「……拒空!」

BACK / TOP / NEXT