6章:穀雨―こくう―

BACKTOPNEXT


 もうもうと土煙が立ち上ぼる中、げほげほ咳き込みながら、未来は、伏せてしまっていた顔を上げた。そして、周囲の様子を目の当たりにして、愕然となる。
 己の力で守ったはずだった一帯は、光線を防ぎきれていなかった。地面はえぐられ、建物は崩壊してあちこちから炎を吹き出し、兵達も傷を負って呻いている。どうしてか。我を失いそうな未来の耳に、けたたましい笑い声が届いて、未来は声の方向をきっと仰ぎ見た。
 銀髪の少女ヒューリ・リンドブルムは、残酷な笑みを顔に満たして宙に浮き、こちらを睥睨していた。その片腕には、まるで人形でも持つかのように、セルマリア女王を抱え込んでいる。
「ヒューリ!」
「拒空!」
 利久が叫び、ファルスディーンがグランシャリオを抜く。
「何で、私の力を超えて……」
「何で? 何で、って? この期に及んで、間抜けな事を聞きますったら、フォルティアの戦巫女」
 呆然と呟く未来に、ヒューリは、せせら笑いを投げかける。
「そっちの小僧が、拒空拒空ほざいてるのに、まだ、わからないんですの?」
 ファルスディーンを振り返る。紫の瞳は、気を抜くな、と強く見返して来た。そうだ、神に等しい能力を持つ相手ならば、戦巫女の力と拮抗しても、不思議では無い。
「あいつの仇を、取らせてもらう機会かな」
 芙美香は黒の長剣を、油断無く握り直す。バロックが、大剣の切っ先をヒューリに向けて、大音声をあげた。
「ヒューリ、最早これ以上、ステアを貴様の思い通りにはさせぬ。陛下を解放してもらおう!」
「あら、ようやく覚悟決めたんですの、戦馬鹿」
 ヒューリは、騎士のそんな様子さえ、くだらない、とばかりに鼻先で一笑に伏し、
「でも、遅い。遅過ぎ」
 ぽおんと、主であるはずのセルマリアを、ごみでも捨てるように、放り投げた。地上の者達があっと息を呑む中、最初に動いたのは、利久だった。たんと地を蹴って空に飛ぶと、危なげ無く、女王の身体を受け止める。ステアの兵から、安堵と、ステアの戦巫女に対する感謝の声が洩れる。だがそれはすぐに、利久の口から発せられた、悲鳴のような叫びによって、驚きに取って変わられた。
 セルマリア女王の、能面のように感情の無い、白磁の肌が、いきなり土色に変わった。眼球が黒く変色し、一瞬で、頭から爪先まで醜く腐った肉が、どろりと溶けるように崩れ落ちてゆく。そして、利久の手の中に、服だけを残して、がらがらと、白骨が、地面に散らばった。
「まさか」
 言葉を失ってしまったバロックの代わりに、ファルスディーンが震える声を紡ぎ出す。その予感を確かなものにするかのように、ヒューリが容赦無い笑いを浴びせかけた。
「キャハハハハ、女王は最初っから、死んでいるんだったら!」
「1年前の、遺跡から、戻って来られた時、既に」
 ようよう絞り出したバロックの言葉に、今更か、とばかりに少女は何度も頷く。
「ああ、楽しかったっての。二千年ぶりにこの世界に出て来て。操ってる、死人の部下の振りして、誰も彼もが死人の一挙動に怯える様を見るのの、楽しかった事ったら!」
「……貴様!!」
 利久が、セルマリアの服を投げ捨て、金の槍を両の手に生み出すと、ヒューリに飛びかかった。しかし、槍が少女を捉えるかと思われた直前、その姿は揺らいで消え、直後、背後を取った敵の光弾一撃は、利久を地上へ打ち落とした。
「利久!」
 未来が銀色の光で包んで受け止めた為、地面に叩きつけられるのだけは避けられたが、内臓をかなりの勢いで揺さぶられたらしい利久は、未来達に背を向けて吐く。その間に、宙に浮かぶヒューリの容姿が、ぐにゃりと歪んで、変質していった。
「リンドブルム。その名が伊達では無い事を、お前達に見せてあげるんですのよ」
 にやりと持ち上げた口が、たちまち耳元まで裂け、歯はずらりと並んだ牙に変わる。頭に角が生える。しなやかな肢体が、重量感のある筋肉質な腕と脚になって、一対の翼と、鋭い棘を持った尻尾が生まれる。
 小悪魔的な少女は、最早そこに居なかった。毒々しい紫の鱗に覆われた、色の薄い眼球だけが、元の名残を帯びる、一頭の飛竜が、そこに在った。
「まさしく、怒れる飛竜ヒューリ・リンドブルムか!」
 ファルスディーンが我鳴るのに応えるように、飛竜は吼えて、急降下して来た。
「攻撃を、防いで!!」
 未来が銀色の障壁を生み出す。しかし竜は、ぎいんと壁にぶつかると、鋭く大きな爪でがりがりと防壁を引っ掻き、その口の奥から、炎を吐き出した。炎は壁をなめて広がり、直撃する事は無かったが、熱が壁を越えて伝わり、じりじりと地上を焼く。
「守りながら、攻撃を!」
 未来の一声に従い、銀の光は壁を保ったまま、輝く刃を成して、飛竜に躍りかかった。刃は鱗を紙のように貫いて突き刺さると、飛竜が悲鳴をあげてのけぞり、炎が途切れる。
「あんた、左から! あたしは右から行く!」
「あんたじゃない、利久だ!」
 芙美香が利久に声をかけ、二人同時に地を蹴った。芙美香の剣が、竜の腕を斬り飛ばし、利久の槍が、目に突き刺さる。
 飛竜はのたうちまわって、尻尾を振り回した。先端の棘が芙美香の腕をかすめ、途端に、彼女の顔色が青く変わって、地に落ち倒れ込む。咄嗟に利久が駆け寄って抱き起こすが、既に呼吸が浅い。竜の毒だ、未来は直感した。しかも、自分が食らったものより、即効性が増している。
「芙美香さん、しっかり!」
 未来は芙美香の手を取ると、強く声をかけた。たちまち銀の光が芙美香に吸い込まれると、瞬時に傷は癒え、血の気も戻る。
「姉ちゃん、無敵だよ」
 感服しきった弟の一言に、不謹慎にも笑みを返し、未来は、背後から襲い来る咆哮に、表情を固くして振り返った。
 ばかでかい顎を開いて、三人を食い殺してやるとばかりに、飛竜が迫る。刹那、未来は対応を忘れ、言葉を失ってしまう。死ぬ。ひやりと、背筋が冷えた。
 しかしその時、飛竜の頭上に、七色の光が生じるのが、未来の視界に入った。リンドブルムの背に瞬間転移したファルスディーンは、グランシャリオを容赦無く振り下ろした。金とも銀ともつかぬ輝きは、分厚い鱗を容易く斬り裂き、背中に吸い込まれる。
 激痛に飛竜が、鼓膜を破らんばかりの叫びをあげる中、ファルスディーンは返り血を浴びる事も厭わず剣を引き抜くと、更に斬りつける。グランシャリオの一撃は、太い尾を斬り飛ばし、竜が暴れて振り落とされる前に、ファルスディーンは再び転移能力を用いて、竜の背から降りた。
 尻尾を失って、平衡感覚を保てなくなった飛竜が、落ちて来る。その先に、一人の男が、大剣を手に、待ち受けていた。
「女王陛下の仇、せめてこの手で一太刀は浴びせん!」
 怒号と共に、ヴォルフラム・バロックは、その巨大な刃を突き出した。大剣は、飛竜の喉元から腹までを、見事に斬り裂き、騎士の身を、どす黒い返り血に染めた。
 飛竜はおびただしい血をまき散らし、幾つかの建物をなぎ倒しながら、地を滑って、ようやく止まった。人の介入出来る範囲を超えた戦いに、最早唖然と成り行きを見守っているしか無かった、周囲の人間達が、自失から覚め、ざわざわと囁き合い始める。
 終わったのか。これで終わったのか? ステアの恐怖政治は、全ての戦いは、終焉を迎えたのだろうか?
 しばらく経っても飛竜が動かないので、緊張が解け始めた、その瞬間だった。
「うあああああああっ!!」
 絶叫が、辺り一帯に響き渡った。誰もが驚いて注視する中、飛竜の姿は、ぼたぼたと血をこぼし、髪を振り乱した、少女のものに戻る。
「あああ、人間ごときが、ここまでやるか。楽しくない、楽しくない、楽しくないったら!!」
 凄惨な姿をさらす中、瞳ばかりをぎらぎらと光らせ、ヒューリは、とても女の、否、人間とは思えない叫びをぶちまける。
「もう、終わりにしてやるよ、アタシの本当の姿を見せて、この世界、全部、終わりにしてやるよおおおッ!!」
 ぞわり、と。
 未来は総毛立つ恐怖に襲われた。きっと、ファルスディーンも、利久も芙美香も、その場でヒューリの姿を見、声を聞いた誰もが、同じ感覚を覚えていただろう。
 一瞬の後。先だっての光線以上に強烈な、白の光が全てを包み、五感を奪う。
 死ぬ。死が、訪れる。
 先程以上に、妙にはっきりと、未来は直感した。

BACK / TOP / NEXT