『負け犬はワルツを上手く踊れない』

1―1



「お前、つまんないんだよ」

29歳の誕生日直前。
その一言で、アタシの恋は終わった。

クリスマスを前に、街は、色とりどりのイルミネーションがきらめき、店先には、クリスマス用品が賑やかに並ぶ。
そんな情景とは裏腹に、アタシの心は、ドン底まで暗かった。
5つ年上の彼は、バイト先の店長。
一緒に仕事をするうちに、何度か呑みに行くようになって、ふと気がついたら、恋人同士のようなカンケイになっていた。
ところが、それから半年も経たないうち。

新しく入ってきた、大学1年の女の子に、彼のハートは、あっと言う間に傾いた。

キャピキャピの若い子の方がカワイク見えるのは、わかるわよ。
だからって、
「つまんない」
は無いじゃない!
年末の誕生日を盛大に祝ってもらいたくて、超大手テーマパークの2デーチケット、二人分、用意したのに。
年齢に焦りを感じていたなんて、認めたくないけど、少し、少しだけよ、結婚まで意識していたのに!

手にした携帯を見る。失恋報告をした友人からのメールは一言、そっけなく、

「ちゃんとつかまえておかなかったアンタが悪い」。

……友情に疑問を覚えた。

もうバイトにも行けないな。新しい仕事を探さなきゃ。
とぼとぼ歩きながら、乙女に似合わぬデカい溜息ひとつ、ついた時だった。

『……こ……巫女よ……』

どこからともなく聞こえてきた声。
空耳かと思い、うつむいていた顔を上げる。
商店街を過ぎて住宅街に入ったところ。
夜9時を回った道には、人通りは無い。
もしかして……ストーカー?
一人青ざめたとき、さっきよりも明瞭に、声は聞こえた。

『どうか、この呼び声にお応えください、戦巫女よ…!』

何事!?と一歩後ずさった瞬間、足元に、地面は無かった。
何故か蓋が開いていたマンホールに、アタシは飲み込まれた。

「負け犬寸前、失恋して下水に投身自殺?」

かっこ悪い新聞3面記事のタイトルが、脳裏を駆け巡る。
暗闇の中を、落ちて、落ちて……。

だけど、いつまで経っても、頭を強く打ちつけるだろうコンクリートの床は、やって来なかった。

TOP / 1―2