『負け犬はワルツを上手く踊れない』

2―2



「やっほう! 初めまして、蓮子ちゃーん!」

フェルナンドに連れられて謁見の間に入った途端、ちょう陽気な声に出迎えられて、多少なりとも緊張していたアタシは、ずっこけそうになった。
フォルティアの王様は、アタシを見るなり、満面の笑顔で玉座を降りて、駆け寄ってきたのだ。
しかも、服は襟元はだけて着崩して、マントも、フェルナンドみたいにピシっとまとわずに、中途半端に肩にかけて。

不良王様!

そんな単語が脳裏を駆け巡る。
お、王様っていったら、もっとこう、威厳があって、格調高くて?
とにかくもっとビシッと、偉そうに、玉座に鎮座ましましてるものだと思ったので、アタシの理想は、かなりいい勢いで打ち砕かれた。
そんなこちらの気持ち露知らず、王様は、がっちりとアタシの手を握ってくる。
「儂はフォルケンス・フォン・フォルティア。気軽にフォルちゃんと呼んでくれ」
「は、はい……」
歳のころは60代目前だろうが、フェルナンドやリーティアと同じ、青い髪に金色の目をしていて、オッサンのわりには整った顔。若い頃はさぞかしかっこよかったに違いない。
「私は王妃のフィーネよ。フィーちゃん、て呼んでね」
いつの間にか、王様の隣に来ていた王妃様が笑いかけた。
また、小さくって若々しくて、かわいらしい人だ。
フェルナンドは父親似、リーティアは母親似だろうことがうかがえる。
「本当は、もう一人、フォレストという息子がおるんだがな、これがまた放蕩息子でなぁ、各地をフラフラして、城に居着かないんだ!」
ああ、そういやフェルナンドは第2王子って言ってたから、お兄さんがいるのか。

ていうか、両親も兄貴もイニシャルFFFなワケか……。

「フェルナンド殿に貴女のお話を聞いて、会える日を楽しみにしてたのよ」
ん?
王妃様のセリフに何か違和感。
しかしそれを確かめる間も無く、フォル王様が、アタシの背をバシバシ叩いてくる。
「いきなり知らない世界に放り出されて、困ってる事も多いだろう。
しかーし! そんな時は、儂やフィーや子供達、城の連中に、遠慮無く言うが良い!
戦巫女に助力を惜しまない!
これは、初代女王フェリシアから先祖代々伝わる、大事な家訓だからな!」

FFFの系譜も先祖代々ですか。

ゲホゲホせきこみながら、アタシは心の中で一人ツッこんだ。

2―1 / TOP / 2―3