『負け犬はワルツを上手く踊れない』

2―5



「彼女はこちらの世界に来てまだ日が浅い。知らぬ事が多いのも、当然の道理だ」

……え。

エエエエエ!?

あ、アタシ、フェルナンドに抱き寄せられる体勢になってるんですけど!?

「それに、誰が何と言おうと、我が国の唯一の戦巫女は彼女だ。貶めるような発言は、控えていただきたい」
心臓バクバクしてる。
アタシはまるで、男と付き合ったことが無い乙女みたいに真っ赤になって、貶めるような発言しまくってるのはあんたじゃないかい!なーんてツッコミも、口に乗せられなかった。
マルチナが、「そ、それは申し訳ありませんでしたわ」とたじろぐ。リーティアが、愉快そうににんまりしている。
「わ、わたくし、そろそろ失礼いたします。い、行きますわよ、美里殿!」
マルチナはしどろもどろになりながら、自分の戦巫女に呼び掛ける。
でも、美里と呼ばれた女の子は、「ちょっと待ってください」と言って、アタシの前に立った。
「ご挨拶が遅れました。
わたし、ネーデブルグの戦巫女に選ばれた、長谷川美里、高校1年生です。よろしくお願いします」
「あ、ご丁寧にどうも。矢田蓮子です」
差し出された手を、握る。
「ところで矢田さんは、プロ野球は、どちらのチームを応援してますか?」
……は?
何をいきなり、と思いながら、素直に、
「ジャイアンツですが」
と答えると、
「……そうですか……」
急に長谷川さんの顔つきが険しくなって、握る手に、ぎゅぎゅぎゅぎゅーっと力がこめられた。

「わたしは、タイガースです。それでは」

タイガース、を強調して手をほどき、彼女はマルチナと一緒に立ち去った。
……おいおい。
応援チームが宿敵同士ってだけで、ライバル視されるワケ?
勘弁してよ。
痛くなった右手をさすりながら、はあ、とタメイキひとつつくと。
「いつまで俺によりかかっているつもりだ」
フェルナンドの呆れたような声で、アタシは奴に抱き寄せられたままでいることに気がついた。
慌ててバッと離れる。
「あ、あんたが勝手にひっつかせたんでしょうがっ!」
「ああでもしないと、マルチナに言われっぱなしだったろうが。
大体、お前もお前だ。俺にはギャンギャン言うくせに、黙りこくって。いつものように、言い返してやれば良かったんだ」
「あ、アタシにだって、言える時と言えない時ってモンがねぇ!」
「もう、おやめくださいな、お二人とも」
また、アタシとフェルナンドの間に、リーティアが止めに入る。
でも何故か、楽しそうな笑顔で。
ん? もしかして、楽しそう、じゃなくて、ホントにアタシとフェルナンドの喧嘩を、楽しんでる?

「ケケケッ、楽しそうに余裕こいてるねェ」

そうそう、楽しそうに余裕こいて……。
と、思考がつられかけたとこで、アタシは、もちろんフェルナンドとリーティアも。
いやらしい声の降って来た方向を、ばっと仰ぎ見た。

2―4 / TOP / 2―6