『負け犬はワルツを上手く踊れない』

3―2



城に帰ったアタシは、部屋に引きこもった。
食事もロクにのどを通らず、眠ることもできない。

戦巫女の力を手に入れて、チョーシこいて。忘れてた。

人間、怪我をすれば痛いし、もっと酷い怪我をすれば、

死ぬんだ。

きっと、アタシだって例外じゃない。
それに気づいてしまった途端、急に、魔物と戦うのが、怖くて怖くて仕方無くなった。

ベッドにもぐりこみ、頭から毛布をかぶって。
父さんへ、母さんへ、兄貴へ、友達へ。
何書いたのかわかんないくらい、必死に携帯メールを打ち続けた。
もう1ヶ月充電していないんだから、電池が切れて、画面は真っ暗で、何も表示されなくなっているのに。
それもおかまいなしに、ボタンを押し続けた。
ここに来た最初の日に、携帯の圏外を確かめたっていうのに。
いつか偶然繋がるんじゃないか。そんなことを考えてた。

コン、コン。

「あの、蓮子様、よろしいでしょうか」
ノックと同じくらい控えめな声で、部屋の扉を少しだけ開けて、リーティアが顔を出す。
「ん、いいよ……」
アタシが答えると、リーティアは、拒否されなかったことにホッとした様子で、部屋の中に入ってきた。
「蓮子様、申し訳ありません。
わたくしが、蓮子様をこの世界に召喚したばかりに。蓮子様のお気持ちも考えずに、戦巫女などという役目を押し付けてしまって……」
「違う、リーティアのせいじゃないよ。謝んないで」
そう言ったのは、リーティアが今にも泣き出しそうに、ヘコみまくった顔してたからじゃない。本当に、そう思ったからだ。
アタシ自身のせいだ。
「情けないなあ」
思わず、もれる本音。
「アタシ本当はね、自分がここまで肝っ玉の小さい人間だと、思ってなかったんだよ」
召喚されたあの日に、魔族が戦巫女を狙ってくるって、ちゃんと聞いたんだから、その時に、きちんと考えて、覚悟しておくべきだったのに。
今更一人で怖がって。

ホント、情けない。

するとリーティアは、急に神妙な顔つきになり、アタシに向き直った。
「蓮子様、貴女を召喚したのは、このわたくしの責任です。
もしも、貴女がこれ以上、戦巫女の任を重荷に感じられるのならば……」
続けられた言葉に、アタシは唖然とした。

「女神アリスタリアに願い、元の世界に、お帰しすることも、できなくはありません」

帰る?

帰れるの?

この世界を、ほっぽって?

ぽかんと口を開けて固まってしまったアタシの耳に、トントンと、新たなノックの音が聞こえる。
どうぞとも言わないうちに、いつものむっつり顔で、フェルナンドが入ってきた。
そして。
「リーティア、話中すまんな、こいつを借りる」
ぐいとアタシの手をとって、ベッドから引きずり出した。
「え、ちょ、ちょい待ち、何よ!?」
「フェル兄様?」
アタシとリーティアの困惑もおかまいなしに、奴はアタシを部屋からズリズリ連れ出すのだった。

「ちょっとちょっと、どこまで行く気なのよ!?」
答えず、フェルナンドはアタシの手を引いて、ずんずんと歩いてゆく。
城の廊下を過ぎ、大きな扉をくぐって。
とうとう、フェーブル城から出てしまった。
それでもフェルナンドは足を止めない。
城を囲むお堀にかかった橋を渡る。水鳥が、ノンキに羽根を休めているのを横目に見ながら、やがてたどり着いたのは、

城下街、

だった。

3―1 / TOP / 3―3