『負け犬はワルツを上手く踊れない』

3―5



魔物が出た現場にアタシたちが駆けつけた時、あたりは騒然としていた。
敵は赤ん坊くらいの大きさしか無い、赤いドラゴン。
しかしそれが5、6匹の団体さんでブンブン飛び回り、しかも見た目にたがわず炎なんか吹くもんだから、近くの家に火がついて、街の人たちは、火を消すべきか、逃げ出して身を守るべきか、混乱していたのだ。
「子供や老人、怪我人を先に避難させろ! 余力の有る者は、火を消せ!」
フェルナンドが怒鳴りながら剣を抜き、近くにいた1匹を一撃で斬り捨てる。
突然の王子様の登場に、周りの人は、なんで!?という顔をしてたけど(そりゃそうだ)、すぐにフェルナンドの指示に従って動き出す。
王子様のご威光、大したもんだわ。
感心しながら、アタシは、右手に意識を集中させる。
光が集って、使い慣れた、銀色の斧になる。
それを握りしめる両手は、正直、まだ少し震えてるんだ。
でも。

大丈夫。

自分に言い聞かせて、すうっと一回、深呼吸して。

飛んだ。

眼下で、観衆がどよっとざわめくのを聞きながら、

1匹、2匹、3匹と。

赤い粒子に還してゆく。

フェルナンドがまた1匹倒して、あと1匹。
最後の抵抗とばかりに、赤ドラゴンが、火を吹いてくる。
アタシはそれを、空中でくるりと回転してかわし、その勢いで、斧を打ち下ろした。

よっし、全滅!

しかし、魔物が消えても、奴らが放った火は消えなかった。

「子供が! 子供がまだ中にいるんです!」

地上に戻ったアタシの耳に届いたのは、母親の金切り声。
二人がかりでおさえられた彼女が必死に手を伸ばす先には、炎に包まれた家。
「もう無理だ、この火の勢いじゃ…!」
誰かが言い聞かせるけど、母親は、子供の名前だろう名を、叫び続ける。
アタシは、手の中の斧に目をやった。

変幻自在のアタシの武器。

それなら。

守るものにも、変えられるんじゃない?

「おい?」
感づいたらしい、フェルナンドが怪訝そうに声をかける。
「……ッ、待て!」
奴が叫んだ時には、アタシは燃え盛る家の中へと走り出していた。
銀色に光る、炎をはじく盾を掲げて。

3―4 / TOP / 3―6