『負け犬はワルツを上手く踊れない』

3―7



一瞬の後。

「痛ーッ!!」
アタシは女の子を腕の中にかばいながら、地面をゴロゴロ転がった。
ようよう身を起こして、最初に視界に入ったのは、燃え尽きて、崩れ落ちていく、アタシが入っていったはずの民家。
それから耳に入ってくるのは、観衆の、驚きの声。
どういうこと?
ぽかーんとしているうちに、女の子がアタシの腕をするりと抜けて、母親のもとへ駆けていく。
「ママーっ!」
「ああ、エミル、エミル!
本当にありがとうございました、王子様、戦巫女様!」
「は、はあ……」
母親が涙ながらにお礼を言うのを中途半端に聞きながら、もう一度考える。

どういうことだ?

「戦巫女の力だろう。瞬間転移を行った者がいる事は、記録にも残っている」
フェルナンドの言葉に、はっとした。
そういや、柱が倒れてくる直前、光がアタシたちを包んだっけ。

便利極まりない力だ、本当に。

急に気が抜けて、はあ〜っと大きなためいきひとつつき、顔を上げて、アタシはぎょっとした。
「ち、ちょっとあんた! 髪が、髪が!」
フェルナンドの、男にしてはキレイだった長い髪が、あちこちちりちり焦げて、悲惨なことになっていた。
しかし、ああ〜とうめくアタシとは対照的に、本人は平然。
「ああ、これか? 問題無い、切ればいい」

き、キル!?

「も、もも、もも……」
「桃?」
「もったいない、それはもったいなーい!」
乙女のアタシだって、モデルばり(もどき)のセミロングに揃えるのに、半年近くかかったんだ。男がここまで伸ばすには、相当な時間がかかっただろうに! もったいないお化けが出る!
だが、心底恨めしそうに髪を眺めるアタシに対して、フェルナンドはあくまでケロっとしていて。
「伸ばそうと思って伸ばしていた訳ではない。理髪師を呼ぶのが面倒だと思っているうちに、ここまで長くなっていただけだ。未練は無い」
そして、マジメな顔して付け加える。
「第一、髪ならまたいくらでも生えてくる。だが、命は二度授かるものではないだろう。
お前も、人並外れた力を持っているからと言って、無謀な事をするな。戦巫女には代わりはいるが、矢田蓮子に代わりはいないのだぞ」
……うん、正論なんだけどね。すごくいいこと言ってるんだけどね。

チリチリ頭で言われても、説得力無い。

その頃になって、火事は鎮火し、ようやく城から兵士さん達もやって来た。
「状況も落ち着いて来た。後は任せて、俺達は城に戻るか」
うん、と答えようとして。
アタシは、膝の力が抜けてその場に崩れ落ちた。
「どうしたッ!?」
フェルナンドがいつになく焦った様子で駆け寄ってくる。
うずくまったアタシは、ようやく、一言だけを絞り出すことができた。

「ち、チョコバナナもう一本、買ってえぇ〜……」

緊張がとけて、一気に腹が減ったらしい。
フェルナンドが、心底から、心配して損した、という表情をしてたが、恥より空腹が勝ったアタシは、気にしないことにした。

3―6 / TOP / 4―1