『負け犬はワルツを上手く踊れない』

4―1



「んふ〜ふ〜ふふ〜ん、ふ〜んふ〜ふふ〜ん〜♪」

ミソ・スープと母の愛を歌った曲を口ずさみながら作るのは、大根のミソ汁と、肉ジャガ。
今日は、お世話になってるお礼に、王様達に、アタシの故郷の料理を味わってもらおうと、厨房に立ったのだ。
この世界に、ミソとショウユなんて、いかにも日本的な代物、無いかと思ったけど、
「戦巫女様の世界で云う、ダイズかどうかはわかりませんが、豆から作った調味料ならあります」
と、料理長さんが、それに近いものを用意してくれた。
優秀。
ちなみにアタシは生まれも育ちも東日本なので、肉ジャガには豚肉だ。
これに、真っ白いご飯を添えて、王族が食事をする広間の、食卓に並べた。

「ん〜、んまい! 最高!」
「蓮子ちゃんたら、こんなにお料理が上手なのねぇ」
「本当に、おいしいです。すごいですわ、蓮子様!」
ホントに基本的なモノなので、フォル王様にフィー王妃様、リーティアが口々に称賛してくれるのが照れくさい。
「初めて食す料理ですが、これは、なかなか……」
「蓮子先輩の作るミソ汁は、うちの母さんの味に似ています」
こう評してくれたのは、たまたまフォルティアに来ていて、フォル王様が、一緒に食ってけ!と(半ば無理矢理)同席させた、ステア国のセルマ王女と、戦巫女・大塚翔平君。
中学2年野球部補欠という、成長期真っ最中のまだ少し小さめな身長にそぐわない、デカい金色の大剣を背負った坊主頭の彼が現れた時には、戦巫女なのに男かよ!とびっくりしたが、どうやら、男の子が戦巫女に選ばれるのは、そうそう珍現象でもないらしい。
特に、ステアでは。
皆の好評を博して、すっかり上機嫌になりつつあったアタシだが、まだ一人、感想を述べてない奴がいることに気づく。
「ちょっと、一言くらい言うことあるんじゃないの?」
「……ああ」
先日の火事で、長かった髪をバッサリ切り落として、別人かってくらい外見が変わってしまったフェルナンドは、しかし中身変わらず、眉ひとつ動かさずに、言い放ちやがった。

「作り手と同じく、華やかさは無い味だな」

こ、こいつは。
「文句があるなら食べなくてよろしい!」
「誰も不味いとは言っていないだろう!」
肉ジャガの皿を取り上げると、フォークが追いかけてくる。
「これ、フェルナンド殿、はしたないですよ」
「もう、兄様達ったら」
フィー王妃様やリーティアが笑い、王様達もそれにつられる。
その笑いをかき消す大きさの音で、

ばぁん!!

広間の扉が勢いよく開かれたのは、その時だった。

3―7 / TOP / 4―2