『負け犬はワルツを上手く踊れない』

4―3



「いやあ、そうなのか!
我々の代の戦巫女が、こんなに麗しいお嬢さんだとは!
あまりの可愛らしさに、僕の目は、くらんでしまったよ」

……えーと?

今、この人何語喋った?

いや、翻訳機能で日本語に変換されてるんだけどね?

アタシがあっけにとられて立ち尽くしている間に、フォレスト王子は、アタシの手の中にあった皿から、肉ジャガをひょいと素手でつまんで、口に運ぶ。
そして誰かが、お行儀悪い!とたしなめる間も無く、パアアッと笑顔になって、アタシの手を握りしめた。
「いやあ、うまい! 本当にうまい!
君なら、本当に素敵な、いい奥さんになれるよ!
何なら、僕のお嫁さんになってくれないかな!?」

その瞬間。

アタシの全身が、ぞわっと総毛立つような感覚に襲われた。

フォレスト王子のいきなりの告白にトリハダ立ったんじゃなくて。
洗ってない手が気持ち悪かったんじゃなくて。

それは、恐怖にも近い感覚だった。

「もう、お兄様。誰彼かまわず口説かれるのは、おやめください。しかも蓮子様は、尊い戦巫女様なのですよ」
「ええ〜?」
リーティアの言葉に、フォレスト王子が手を離して、子供のように口をとがらせる。
途端、妙な気配は、あっという間に霧散した。
「なんだい、リーティアは、昔は、『お兄様にも早くいい人が見つかると良いですね』って、応援してくれたのに…もうお兄ちゃんの味方はしてくれないのかい?」
「わたくしは、蓮子様の味方です」
リーティアがバッサリと斬り捨てる。
フォレスト王子はしばらくいじけて、テーブルにのの字を書いていたけれど。
「あれっ、じゃあもしかして…」
アタシとフェルナンドを交互に見て、思い至った、とばかりに手を打つ。
「蓮子ちゃんは、フェルと良い仲なのかな? それじゃあ僕は、お邪魔虫だよね〜」

「ありえない!!」

ほとんど脊髄反射で、アタシとフェルナンドはお互いを指差して、同時に叫んでいた。

そう、ありえないよ。
こんな性悪男を好きになるなんて。

そんなこと。

4―2 / TOP / 4―4