『負け犬はワルツを上手く踊れない』

4―5



痛い!

の声をあげることもできなかった。
アタシの身体は紙切れみたいに本棚の間を舞って、柱に叩きつけられた。つかんでいた本が手を離れ、ばさりと落ちる。
フォレストじゃない。
「誰…だ……!?」
アタシの問いかけに、フォレスト、いや、フォレストの姿をした何者かは、ゆっくりとこちらに歩いて来ながら、くつくつと嫌な笑いを洩らした。
「誰とはご挨拶だな。ようやくお会いできたというのに」
「まさか」
「そのまさかだよ、戦巫女」
やけに芝居がかった動作で両腕を広げて天を仰ぎ、そいつは、言った。

「魔族の王、デア・セドルとは、余の事だ」

自分の顔から、本当にさーっと音を立てて、血の気がひいていくのがわかった。
「だってアンタは、北の地にいるはずじゃあ……!」
ラスボス自らこちらの本拠にお出ましなんて、ゲームでも、小説の中でも、聞いたこと無いわよ!
「そう、余は、憎き8代目フォルティアの戦巫女、刈谷千登勢かりやちとせによって、北の地に封じられていた。
しかし、この身体の主であるフォルティア王子が、興味本位で封印を解いた。
余は既に肉体を失って久しかったからな、この身体を借りたまでよ」

な、何てことしてくれたんだ、放蕩王子!

なじってブン殴ろうにも、フォレストの身体はデア・セドルに乗っ取られて、本人に当たることができない。
何より、デア・セドルが、アタシのそれ以上の反抗を許さなかった。
デア・セドルが片手を突き出した。それだけで、いつものように斧を呼び出そうとしていたアタシの手が、急にいうことを聞かなくなった。
ぐ、と息が詰まる。
アタシは、アタシ自身の手で、自分の首を絞める形になっていた。
「ククク……まずはお前だ。その後で、ネーデブルグ、ステアの戦巫女を始末し、三国の王家をも、滅ぼしてくれよう」

ちょっと、こんな所で、アタシ、死んじゃうの?

戦巫女の任務を果たすって、決めたんだ。元の世界に帰るって、決めたんだ。

そして正月になったら実家に帰って。
きっとまた今回も、父さんが餅ついて、母さんがおせちを作って待っててくれるはずだから、甥っ子にお年玉あげた後で、いっぱい食べまくるんだ。

両親や兄貴、友達の顔が、浮かんでは消える。

誰か、助けて。

こんな、城のはずれで静まり返った図書館じゃ、誰も気づいてくれるはずは無いのに、アタシは願ってた。

誰か。

王様、王妃様。

リーティア。

―フェルナンド。

「さあ、そろそろ終いにしようか」
デア・セドルが、フォレストの顔に浮かべた笑みをさらに深くする。

終わりだ。

あっけないくらい、諦めかけた時。

「何!?」

デア・セドルの意識が、アタシからそれた。

4―4 / TOP / 4―6