『負け犬はワルツを上手く踊れない』

4―6



身体が自由を取り戻す。解放された血管が、どくん!と脈打つのが耳まで届いて、思わずフラつき膝をつく。
一体何があったのか。
顔を上げたアタシは、息を整えるのも忘れて、ぽかんと口を開けてしまった。
「生きているな、レンコン女」
アタシの前に、剣を構えて立ち、デア・セドルを睨みつけているのは……、

フェルナンド!?

「ど、どうしてここに…!?」
「お前、俺を呼んだだろう。頭の中にガンガン声が響いたぞ」
もしかして……、頭で考えてたことが、フェルナンドに届いた? 戦巫女の力?
「ええと、どの辺から聞こえてた?」
「お前の父上が餅をつき、母上がおせちとやらを作るというあたりからだ」

うーわー、戦巫女のプライバシー、ダダ漏れ。

なんて、言ってる場合じゃない!
「あ…あのね、フォレスト王子にデア・セドルが……」
「だろうな、何となくわかった」
油断無く敵を見据えながら、フェルナンドは応える。
「兄上なら、女性に手を下したりしない」
「そこまで知りながら、兄には手を下さんとするか」
デア・セドルの左腕からは、フェルナンドが斬りつけたのだろう、ボタボタ血がたれている。しかし、デア・セドルが右手をかざした、それだけで、回復魔法が発動し、傷はふさがった。
「唯一の戦巫女と、兄の命、天秤にかけられるものではないが、どちらか片方のみと言われれば、俺は王族の務めとして、前者を選ぶ!」
フェルナンドが剣を握り直しながら、こっ恥ずかしい台詞を放った。
い、いや、他意は無いんだろうが、他意は。
そういうこと真顔で言われると、不謹慎にも照れるワケだ、アタシは。
「蓮子様!」
そんな頃、リーティアが、お城の兵士さん達を連れてやって来た。
でも、デア・セドルは、数の不利も気にかけない様子で、くつくつ笑うばかり。
「愚かな。頭数を揃えた所で、余の前には無意味」
デア・セドルが手をかざした。
アタシは反射的にリーティアをかばって、床に伏せる。

無数の光弾が、アタシを、フェルナンドを、兵士さん達を打ちのめした。

強い。
強すぎるよ。

勝てない?

「しっかりしてください、蓮子様!」
リーティアの声と共に、回復魔法の光が降り注ぐ。
デア・セドルが、忌々しそうに舌打ちするのが聞こえた。
「回復の使い手がいるのか……鬱陶しいな。その女は、こちらで頂いておこうか」
奴が、再び手を突き出す。赤い光が放たれる。
「リーティア、危ない!」
「リーティア!」
アタシが叫んでリーティアを抱き寄せると同時に、アタシたち二人は、突き飛ばされていた。
弱い腰を、したたかに打ちつける中、アタシは見た。

赤い光が、アタシたちを突き飛ばした相手、フェルナンドを捕らえ、デア・セドルのもとへ引き寄せるのを。

「ちょっ、ちょい待ち!」
アタシは腰の痛みも忘れて、立ち上がっていた。
「何で、何で!? そこは女の子のリーティアかアタシの役目でしょ!?」
「うっ、うるさい、少々手元が狂っただけだ!」
デア・セドルにも予想外だったらしい。奴も慌てたが、すぐに表情を繕う。
「まあいい。女だろうが男だろうが、人質がいた方が、後の戦いも盛り上がるというものだろう。
北の地で、待っているぞ、戦巫女……!」
そう言い残して、デア・セドルは消えようとする。
フェルナンドと共に。
「待てこらあー!」
乙女にあるまじき叫びあげ、アタシは銀色の斧を呼び出して、デア・セドルに斬りかかった。
しかし。

どおん!

「ぐえ」
デア・セドルが、眼前に作り出した魔力の壁に思いっきり弾き飛ばされて、情けない声と共に、床を転がった。

「蓮子!」

吐きそうになって腹を抱えてうずくまった時、フェルナンドの声が聞こえた。
「いいか、俺を助けに来ようなんて思うな!
俺は自力で、こいつを倒し、戻ってくる。心配するな!」

何、強がり言ってんのよ。

言いたかったけど、アタシの口からは、うめき声しか出なかった。

デア・セドルの姿が、目の前から消える。
フェルナンドも。

これじゃ、ヒーローとヒロインの立場、逆じゃない。

薄い笑いが自分の口の端に浮かぶのを自覚しながら。
アタシは生まれて初めて、酒を飲む以外で、記憶が吹っ飛ぶという体験をした。

4―5 / TOP / 4―7