『負け犬はワルツを上手く踊れない』

4―7



「デア・セドル!!」
叫びながら跳ね起きたら、目の前には、リーティアの驚いた表情があった。
……そうだ、アタシは気を失ってたんだっけ、デア・セドルのせいで……。
ゆっくりと周囲を見渡すと、そこは、フェーブル城内に用意してもらったアタシの部屋の、ベッドの上。
リーティア以外にも、フォル王様、フィー王妃様。
セルマ王女に、翔平君、マルチナと美里さんまで揃っていた。
「フォレストと、フェルナンドは?」
いるはずの無い二人の名を口にしてしまう。リーティアが顔を伏せ、フィー王妃様が、申し訳なさそうに進み出た。
「あのね、蓮子ちゃん。
あの二人のことは、気にしないで。本当に、いつの間にか自力で帰って来そうな子達だから……」
そんな風に言いつつも、王妃様も、王様も、心底息子達を心配しているのが、ありありとわかる。
それを見て、アタシの中で、ひとつの決意が固まっていた。
「助けに行きます」
自分でもビックリするくらい、冷静に、アタシは言った。
「アタシは、転移の能力も使えます。北の地へ行きます」
向こうさんから先に乗り込んできたんだ。こっちも、直接本拠地に殴りこみかけ返さなきゃ、失礼ってもんよ。
不安そうな王様達に、できるだけ安心させるように笑って、告げる。
「任せてください、必ず、二人の首根っこひっつかんで、引きずってでも帰って来ますから」
「わたくしも参ります!」
リーティアが、いつになく強い調子で名乗りをあげた。
「フォルティアの戦巫女様にお仕えするのは、フォルティア王女の役目。蓮子様が行かれる場所に、わたくしもついていきます!」
すると。
「まああ、リーティアったら。自分の戦巫女殿の足を、率先して引っ張るおつもりですの?」
マルチナが、相変わらずイヤミったらしく声をかける。
アタシとリーティアが揃って睨みつけると、彼女はビラビラの扇子で口元を隠し、ホホ、と笑った。
「あなたがただけでは頼りありませんから、協力してさしあげようと、言うのですよ。ねえ、美里殿?」
マルチナの言葉に、美里さんがコクリとうなずく。
「ならば、ステアだけ傍観に徹する訳にもまいりませんね」
「この世界を脅かす者の親玉のもとへ行くんです、戦巫女全員の力を、合わせましょう」
セルマ王女と翔平君も、力強く。
「うん、そうだね」
あたしはベッドから降りて、一人一人の手を握った。
「行こう、みんなで」

昔お風呂で読んだ小説の中に、悪党にさらわれた異国の王子を助けに行く女の子の話、ってのがあった。
主人公の名前は、ベアトリーチェ、と言っただろうか。
彼女はスポーツカーを華麗に乗り回し、二挺拳銃ブッ放し、体術を駆使して、果敢に悪党どもと戦った。
あの頃は、こんな話、現実にあるワケないって、笑い飛ばしたけど。
今が、その時だと思う。

アタシは、ベアトリーチェに、なる。

4―6 / TOP / 5―1