『負け犬はワルツを上手く踊れない』

5―1



北の地へ。

デア・セドルのもとへ!

そう念じると、銀色の光がアタシの右手から放たれ、戦巫女と、各国の王女を包む。
そして一瞬の後、アタシ達6人は、1人も欠けること無く、フェーブル城ではない、別の場所にいた。
冷たい風が吹き抜ける。
昼間だったはずなのに、まるで夜中のように暗い空。
草木一本無い、荒れ果てた大地。
ここが、

北の地。

「デア・セドルは…?」
「間違い無く、あそこですわね」
マルチナが扇子で指し示す先を、皆で見据える。
この荒野の中そびえ立つ、世界中の黒という黒を集めたような、天然の岩山をベースにした、遺跡。
上空には、カラスのさらに大きくなった、真っ黒の鳥が、ギャアギャア鳴きながら飛び回っている。
ここまで来たら、後に退けない。
「行こう!」
アタシのかけ声に、他の5人も応じて、アタシ達は、走り出した。

「ケーッ!? お、お前たち、何故ここに!?」

遺跡の入口に着いたアタシ達を出迎えたのは、聞き覚えのある、キンキン声だった。
「アンタは…ハピ夫!」
「だからメルヘーヌだと言っているだろう、ケケーッ!」
確かに銃でブッ飛ばして、消滅させたはずの、ハーピー小僧が、頭上を舞っていた。
「なんでアンタが生きてるのよっ」
「オイラは、偉大なるデア・セドル様のお力で、蘇ったのだ、戦巫女、貴様らに復讐する為にな!
それが、なんだなんだ! フォルティアからここにたどり着くまでに、たっくさんの魔物達を配備したというのに、それを全部スッ飛ばして来たというのか!? オイラの労力をどうしてくれる!?」
「うっさい、お前の労力なんか知るか!」
いちいちRPGのお約束みたいな手順なんか、踏んでられるかっての。
また銃でもブッ放してやろうと右手に意識を集中させ始めたアタシを、黒い薙刀が、遮った。
「蓮子さん。ここは、わたしに任せて下さい」
美里ちゃんが、ずいと進み出る。
「あの魔物には借りがあります。今が、それを返す時でしょう。
皆さんは、先に進んでください」
そう言うや否や、アタシたちの返事も待たず、美里ちゃんは、ハピ夫めがけて、地を蹴った。
「何を口開けてボーッとしてますの?」
たちまち繰り広げられる空中戦を見上げていると、マルチナが、苛立ちを含んだ声をかけてくる。
「ここは我々ネーデブルグが引き受けるのです。お邪魔ですから、さっさとお行きなさいな」
相変わらずイヤミな言い方だ。でもこれが、彼女なりの、気遣い方なんだろう。
「……わかった。二人とも、気をつけて」
「言われるまでもありませんわ」
マルチナと美里ちゃんを残し、アタシたちは遺跡の中へと駆け込んでゆく。
「ケーッ! 逃がすか!」
「行かせない!」
背後から、ハピ夫のわめき声と、美里ちゃんの、決意に満ちた叫びが、追いかけてきたが、次第に遠くなっていった。

4―7 / TOP / 5―2