『負け犬はワルツを上手く踊れない』

5―3



フェルナンド?

何してんのよ。

笑い顔を作ろうとしたけど、頬の筋肉が固まっていた。
「大した男だったよ、フォルティアの王子は」
デア・セドルの声が、どこか遠く聞こえる。
「余に刃向かって来た。お前達を、危険な目に遭わせる訳にはいかない、自分がケリをつけるとな。
だから、わざと追い詰められたふりをして、言ってやったのだ、この顔で」
途端に、デア・セドルの表情が、怯えたフォレストのものにすり替わる。
「やめてくれ、フェルナンド! 血を分けた兄弟だろう!?」
そして再びデア・セドルに戻って、哄笑。
「……とな!
所詮人間だ、情に流され、怯んだ所を」
バン。
デア・セドルが魔法を撃つ真似をする。
「余は優しいのだよ。心臓を一撃だ。苦しまずに、死んだだろう」

―死んだ?

フェルナンドが?

殺しても死ななそうな、こいつが?

死んだフリでもしてるんじゃないかという考えが、脳裏を巡った。

フェルナンド、

起きなよ。

起きて、喋りかけてよ。

いつもみたいに、眉間にシワ寄せて、イジワル言ってよ。

……笑って、よ。

「フェル兄様……」
リーティアがフラリと膝をついて、フェルナンドを仰向けにしようとする。
「―見ない!!」
思わず、アタシは叫んでいた。リーティアがビクっと、手を引っ込める。
顔を見てしまったら、こいつの死を、認めて、泣き出しそうだったから。
アタシは、顔の見えないフェルナンドのかたわらにかがみこんで、右手をかざした。
戦巫女には、回復魔法に長けた者もいたという。
なら、アタシにも、その力があるんじゃないかと、淡い期待を抱いて。
でも。
生き返るワケ、ないよね。
命は二度授かるものじゃないって、言ったの、こいつだものね。
銀色の光が、フェルナンドに吸い込まれ、頼りなく消えるのを見届けて、アタシはゆっくり、立ち上がる。
肩越しに振り向けば、デア・セドルは、頬杖をついて、ニヤニヤとこちらを見ていた。
頭のどこかには、やけに冷静な自分がいる。
だが、顔はきっと、ものすごい形相してるだろう。

これ以上できないってくらいガンたれて。

自分に出せる限りの低い声で。

アタシは、乙女にあるまじき台詞を、デア・セドルに叩きつけた。

「ブッ飛ばす」

5―2 / TOP / 5―4