『負け犬はワルツを上手く踊れない』

5―6



フェーブル城の中庭は、薔薇の季節が終わって、緑一色になっていた。
2ヶ月近く過ごしたこの城とも、もうすぐサヨナラ。
北の地からフォルティアに帰ってきたアタシは、美里ちゃん、翔平君と、携帯番号とメルアドを教え合って、別れた。
それから、王様達に、挨拶を済ませた。
「今度は、遊びに来てね、待ってるわ」
フィー王妃様と、かなわないかもしれない約束を交わし。
「蓮子様、蓮子様はもうわたくしの戦巫女様ではなくなってしまうのですね」
ぼろぼろ泣くリーティアを、ぎゅっと抱き締めた。
「戦巫女じゃなくなるけど、アタシはリーティアの友達。
離れてても、ずっと、友達だよ」
それは本音。
アタシも、妹ができたみたいで、嬉しかった。
デア・セドルにとり憑かれていたフォレストは、その間の記憶が、全くないらしい。
「とりあえず、無闇に遺跡に立ち入ったり、封印されてるものを解いたりしないこと」
と、釘を刺した。

一人、庭を歩く。
ここで、ハピ夫を銃でフッ飛ばしたのが、遠い過去のように思える。
ふと、元の世界では、どれくらい月日が経ったんだろう、という考えが、この世界に来て初めて浮かんだ。
誕生日は、確実に過ぎただろう。正月も、終わったかもしれない。
竜宮城に行った浦島太郎は、数日で何百年も経ってしまったが、大丈夫だろうな?
そんなことを思っていると。
「こんな所にいたのか」
背後から、声。
さっき、王様達に挨拶した時いなかった、フェルナンドが、ゆっくりと歩いて来た。
「もうすぐ、帰るのか」
「ん〜、まあね。願いごとみっつを考えたら」
それを聞いたフェルナンドは、子供みたいに困った顔をして、うつむいた。
……なんだ、どうした?
なんでいつもみたいに、つっかかってこない?
気持ち悪いぞ、と怯んでいると。
「最初にお前を見た時は」
フェルナンドが口を開いた。
「本当にこんな女に、戦巫女が務まるのかと思った。
口は悪いし、大雑把だし、女性としてのたしなみも無いし、俺より年上だし」
「あのね、この期に及んでケンカ売りに来たワケ?」
「最後まで聞け。
とにかくだ、こんな女とは絶対気が合わないと思っていた。だが」
フェルナンドは顔を上げて、まっすぐにアタシを見る。
「お前と言い合いをする時、楽しんでいる自分がいた。
共に戦う時、頼もしいと信頼している自分がいた。
真正面から俺にぶつかってくる女性は、お前が初めてだった。
兄上にからかわれて、ありえないと言ったが、あれは本心では無かった」
……え、ちょい待ち。
これはもしかして。

「蓮子」

フェルナンドが初めて、ちゃんとアタシの目を見て、アタシの名前を呼んだ。

「今まで人を好きになったことはあるが、妃に迎えたいとまで思ったのは、お前が初めてだ。
帰るな。
これからも、俺のそばで、いろんな表情を見せてくれ」

言い切ったフェルナンドは、耳まで真っ赤だった。
ああ、でも多分アタシも、ユデダコ状態だよ!
お互い初恋でもあるまいに、顔真っ赤にして、黙り込むアタシ達。
だけど。
「あのね」
沈黙を破ったのは、アタシの方だった。
「悪いけどアタシ、はいそうですかって、よその世界に嫁げるほど、元の世界に未練が無い女じゃないの。
大事な家族も、友達もいるし、楽しいこといっぱいあるし。
そういうの全部、捨てることは、できないよ」
下を向いて、フェルナンドの顔を見られなかった。こいつ怒るか、ヘタすりゃ泣くんじゃないかと思ったから。
ところが。
「やはりな。お前なら、そう言うと思った」
フェルナンドの、やけにあっけらかんとした声に、目線を上げると、奴は、にっと笑っていて。
言った。

「ならば、俺がお前の世界に行こう」

その言葉の意味を理解するまでに、13秒ほど固まった。
「あ…あんた、自分が何言ったか、わかってんの!?」
「もちろんだ。お前がこちらに残らないのなら、俺がそちらに行くまでだ」
「ふ、フォルティアは!? この国はどうするのよ!?」
そんな、アタシ以上に、ホイホイと故郷を捨てられる立場じゃないだろうに!
でも、フェルナンドはあくまでケロっとして。
「デア・セドルの脅威は去った。戦巫女に仕えるという、王族の役目も終わった。
父上母上に話したら、二人とも許してくださった。
王位の事なら心配いらん。フォーレ兄上も、これで懲りて、多少は落ち着いてくれるだろう。元々は、任せればきちんと仕事をこなしてくれる方だからな」
「でも、もし万一よ、フォレストに何かあったら…」
「その時はその時だ。
リーティアが婿を迎えるなり、王家の親戚から、誰かを担ぎ出せばいい。王位に就きたがる者は、いくらでもいるからな」
そんなものなのか?
まあ、長男じゃないから、将来、義父母の世話に追われることにはならないけどさ。
「でもどうすんのよ。
あんた、こっちの世界についてきて、アタシにフラれたら、路頭に迷うわよ」
「それは無いな」
フェルナンドは、余裕すら見せて、ふふんと笑う。
「お前が、俺を振るはずが無い。その逆も無い」
こ、こいつは。
その自信、どこから来るんだ?
でも、悔しいが事実だ。
よくわかんないうちに、こいつに、おとされてたんだ。

「―アリスタリア!」

アタシは観念して、女神を呼んだ。

「願いごと、決まったよ!」

5―5 / TOP / 5―7