『負け犬はワルツを上手く踊れない』

5―7



アタシは、元の世界に帰って来た。
目が覚めたら、アパートの自室。

の玄関先で、突っ伏していた。

も少しマトモな帰り方させて欲しかったよ、アリスタリア……。
どれだけ時間が経ったものかと、慌ててテレビをつけたら、フォルティアに召喚された、次の朝だった。
向こうでの戦いは、たった一晩の出来事で終わったのだ。
だけど。
あれが夢でなかったと証明するものが、ある。

ひとつは、充電の切れた携帯。

もうひとつは、

彼。

そしてクリスマスは過ぎて、12月30日。
アタシの誕生日。

年の瀬の超大手テーマパークは、どこもかしこも人があふれていた。
アイツと行くつもりで取った2デーチケットは、無駄にならなかった。
アトラクションひとつ乗るのに、2時間3時間待ちはザラだけど、苦にはならなかった。

好きな奴と、一緒に来てるんだから。

今、アタシの隣には、フェルナンドがいる。
アタシがアリスタリアに願ったひとつめは、フェルナンドをこの世界に連れてくること。
ふたつめは、フェルナンドがこっちの世界でちゃんと暮らせるように、戸籍関係と語学力をいじくっておくこと。
夢がないとか言うな。大事なことだ。
戸籍がハッキリしない、日本語読めないじゃ、ダメ。愛だけじゃ、暮らしていけないのが現実だ。
まあ、アタシの心配をよそに、フェルナンドの適応力は素晴らしく、この1週間で、高度成長期の三種の神器、テレビ冷蔵庫洗濯機にも慣れて、車に驚くことはなく、新聞を読んで、携帯もそれなりに使いこなした。
アタシが次のバイト先を探して奔走しているうちに、さっさと面接に行って、仕事決めてきたのには、びっくりした。
そんだけ完璧だったので、カードのチャージ不足で自動改札にひっかかった時は、思い切り笑い飛ばしてやった。
そしてみっつめ。これも大事なこと。
フェルナンドの髪と、目の色だ。
フォルティアではアリかもしれないけど、こっちの世界で青い髪は、ちょっとコワイ系のお兄さんお姉さん方がする色だからね。
それを告げたら、アリスタリアは、お安い御用だと受けてくれた。
そんなワケで、今、フェルナンドの髪と目の色は逆転して、金髪碧眼。
どこから見ても、立派なこの世界の外国人だ。
街に出て、並んで歩くと注目されるけど、まあ、いずれ慣れるだろう。

夜8時を回って、テーマパークお決まりの、パレードが始まった。
軽やかな音楽が流れ、キャラクター達が、電飾で彩られたパレードカーに乗って、踊りながら、目の前を通り過ぎていく。
フェルナンドはアタシの隣で、子供みたいに目を輝かせて、それに見入っている。

「さあ、みんなも踊ろうよ!」

メインキャラクターが観衆に声をかけると、カップルや親子連れがわらわらと進み出て、キャラクター達の真似をして、踊りだした。
普通に考えたらすんごいおかしい光景なんだろうけど、ここでは、恥ずかしく見えないから、不思議だよ。
笑いながら見ていたら。
「俺達も踊ろう」
フェルナンドが、アタシの手を取った。
「ちょい待ち。あんたの得意なワルツとは、違うんだよ」
「踊れるさ」
白い歯を見せてフェルナンドは言うと、アタシの手を引き、踊りの輪に加わった。
最初は照れながら踊ってたけど、だんだん、楽しくなってきて。
フォルティアに来た最初の日、つたなく踊った、ワルツを思い出しながら。
アタシ達は、踊る、踊る。

「蓮子」

大音量で曲が流れる中、フェルナンドの声は、何故かハッキリとアタシの耳に届いた。

「29歳の誕生日、おめでとう」

もう、負け犬なんて言わせない。

夜の空に、華々しく、色とりどりの花火があがった。




『負け犬はワルツを上手く踊れない』 終わり

5―6 / TOP / あとがき