『負け犬はワルツを上手く踊れない』あとがき代わりに。



このあとがきの質問は、こちらからお借りいたしました。
「あとがき代わりに20の質問」

1:この小説を書き終えた、今現在の心境を一言で簡潔に言い表してください。
お、終わったあああ〜……。

2:この小説を書く上で、一番書きやすかったところはどこですか?
書く前からネタが降臨していた箇所。

3:この小説を書く上で、一番苦労したところはどこですか?
書く前にはビジョンが見えず、その場でうんうんうなりながら書いた箇所。

4:ボツにしたタイトル、仮タイトル、執筆中のコードネームなどありましたら教えてください。
『まけいぬはわるつをうまくおどれない』という言葉自体は一緒だったんですが、『上手く』ではなく、『巧く』になっていた時期がありました。

5:タイトルの由来(意味)は何ですか?
主人公の年齢と、第1話のパーティシーンから。

6:この小説を書き始めるきっかけはなんでしたか?
いろんなサイト様の異世界召喚ものに目を通していて、あと、『遙かなる時空の中で3』をプレイして、主人公は中高生が多いな、自分はもうすぐ三十路だから、たまにはそれくらいの歳の人が主人公なものも見てみたいな、と思ったら、いつの間にか自給自足してました。

7:この小説を書く上で、何か影響を受けたもの(他の作品や、他媒体の創作物など)はありますか?
はい、そりゃもう、いろいろと。

8:これがあったから、この話がかけました!(これがなかったら、かけませんでした!)というものはありますか。
自分の身体と脳、今まで見聞きした物事、五感から入るものすべて、携帯とパソコン、『遙か』シリーズのキャラソン(BGM)、時間。

9:ボツにしたストーリー展開を教えてください。
本当は4話でさらわれるの、フォルケンス王にしようかと思ってました……。
あと、蓮子が、突然戦巫女の力が使えなくなることも考えたのですが、それをやると、5話で納まらないので、思い切りカットしました。
リーティアや他国の戦巫女達も、もう少し掘り下げてあげれば良かったかなあと、反省してはいます。

10:プロット(思惑)どおりに進みましたか?
ほぼ。
ただ、その場で慌てて作った設定が、後から活きてきて、我ながらびっくりすることが多々ありました。
フェルナンドは第2王子だとか、髪と目の色とか。

11:これが書きたくてこの話を書きました、という部分はどういうものですか?
1話……でしょうか、やはり。

12:一番こだわったところはどこですか?
蓮子を、28歳らしくなく書くところ。カタカナ乱用するのですが、英検漢検持っているので、徹底的には馬鹿でないように、書かねばならず。
あとは、1話に1回は、蓮子に「乙女」「ちょい待ち」発言させて、フェルに「レンコン女」を言わせる。

13:一番好きなキャラクターと、一番嫌いなキャラクターを、理由つきで教えてください。
好きは蓮子。自分の理想。こんな28歳でありたかった(過去形)。
嫌いは、特にいません。嫌いなキャラは、作っても動いてくれなくなるので。

14:実際にいたら嬉しいキャラクターと、実際にいたら厭なキャラクターを教えてください。
いたら嬉しいのはやはり蓮子。友達になりたい。
嫌なのはフォレスト。いたら困るでしょ、周りが。

15:この人にはこの言葉を言わせたかった!という台詞をキャラ別にどうぞ(実際に言わせていなくてもOK)。
フェルナンドの「やだレンコン?」(1話)と、蓮子の「ブッ飛ばす」(5話)。

16:この小説の登場人物たちを使って、別の話を書く予定はありますか?
来年の2月に、バレンタインで番外編をやろうとは思っていますが、同一人物を使った直接的な続編連載をするつもりは、ありません。
元々この連載自体が、1話完結の短編のところを、ご要望をいただいて、最終話まで考えたものですので。

17:この小説の中でこの部分が一番会心の出来なのです! というシーン(か台詞)を抜粋してください。
う〜〜〜ん、どこだろう。そういうの探すの、苦手なんですよね。
皆様に、いい!と思ってもらった箇所が、そうだという事で、お願いします。

18:この小説で取り上げたテーマやアイデアに、もう一度別の形で挑戦してみたいですか?
ええと……言って良いですか? 一応反転しておきます。
この登場人物の子供や子孫を使った話に、少し手をつけ始めているのですが、今度はシリアスで、なんか鬱展開になって、6:4の確率でハッピーエンドになりそうにないので、どうしようかちょっと悩んでいます。
あ、一人称で短編以上の長さの作品を書くのは初めてだったので、一人称で長編できるかな〜?って、少し、思いました。

19:何か、これだけはしておきたい言い訳というのはありますか?(笑)
勢いだけで書いてしまったので、ツッコミ所だらけで、言い訳したらきりがありません……。
ひとつ裏話をしておくと、戦巫女の中に一人だけ、リアルでお気に入りの人の苗字を使わせていただきました。

20:最後に一言どうぞ!
この作品は、7割方携帯で書きました。
そうしたら、普通にメールを打つのに支障が出るくらい、携帯が、変な予測変換を沢山覚えてしまいました。
でもそれも、楽しい思い出の軌跡です。
ここまで読んで下さって、ありがとうございました。

TOP