『負け犬はワルツを上手く踊れない』

番外1『幼なじみ』



女二人集えば、コイバナの花が咲く。

「蓮子様は、小さい頃、好きな男の子は、いらっしゃいましたか?」

それは、リーティアの部屋のテラスで、お茶会をしていた時。
ブシツケな質問に、アタシは、飲んでいたハーブティを盛大に、ぶほーっと吹いた。
慌ててナプキンで口元をぬぐって、咳払いし。
「あのね、何を急に」
「いえ。少し、気になりまして」
「大して面白くないよ? それでも聞きたい?」
「聞いてみたいです」
そう答えて、可愛らしく笑うものだから、語らない訳にはいかないじゃないか。
「ええっとね、あいつとは、保育園から一緒だったな」
「ホイクエン?」
「ああ、親が仕事で忙しい子供を集めて、面倒見る所。
で、家が近かったから、一日中一緒に遊んだり、した訳よ」
「幼なじみ……と云うものですか?」
「うーん、そうなるのかな」
正直、そんな美化された思い出でも、ないんだよね。
覚えてるのは、

近所の小川で遊んでて、アタシが足をすべらせ、あいつまで巻き込んで水の中に落っこちて、親にすごい叱られた事とか。

ふざけて追いかけて、ズボンどころかパンツまでずりおろして、親にみっちり叱られた事とか。

あいつをいじめた子供達にこってんぱんに仕返しして、泣かせまくって、親にめちゃめちゃ叱られた事とか。

……叱られた記憶ばっかだな……。

しかし、それを話すと、リーティアは、そりゃあいい笑顔で。
「良い思い出なのですね」
「えーと、どの辺をどう解釈したら、そういう感想出て来るかな」
「だって、蓮子様は、とても楽しそうに、話していらっしゃいますもの」
言われて、アタシは否定しきれない。
確かに、あいつと過ごした幼い日々は、決して、嫌な思い出ではないのだ。
「とにかくね、こいつには、アタシがついていないとダメだと思った。好きとか、嫌いとか言う前に、そばにいたいと、思ったのかな」
「それで、その方は今?」
「わかんない」
アタシの答えに、リーティアは不思議そうな表情を見せて、首を傾げる。
「何年か後に、あいつの一家が引っ越しちゃって。行き先も聞かなかったから、それっきりだな」
「お別れしてしまったのですか。……お会いしたいと、思った事は、ありませんか?」
まるで自分の事のように、寂しげに、リーティアは問うけれど。
「うーん、子供の頃の話だからねえ。
その後、他の男を好きにならなかった訳じゃないし、今更会っても、お互い、わかんないと思うしね」
「そういう……ものですか」
「うん、そういうもの」
はい、初恋物語はこれでおしまい、と手を振り、アタシは、にんまり笑って、リーティアにつめ寄る。
「それよりさ。そーゆー話を聞きたがった、って事は、もちろんリーティアも話してくれるよね、コ・イ・バ・ナ」
「え、わ、わたくしですか……!?」
「そりゃそうだよ。アタシにだけ、手持ちの札出させて、自分は温存、なんてナシだよ」
見る見るうちに、リーティアの顔が赤くなる。
お、これはひとつ、面白い話が聞けそうだぞ。
期待したら。
「失礼いたします」
一人の若い兵士がやって来て、アタシ達の話は、中断を余儀無くされた。
「姫様、戦巫女様。国王陛下がお呼びです。フェルナンド様もお部屋の外でお待ちしています。ご一緒に、お越しください」
ええい、折角これからいいとこだったのに。
多少恨みがましく思いながら、兵士を見、何となくリーティアを見ると。

「わ…わかりました。あ、ありがとう、シオン」

あれ?
あれあれあれ?
リーティアってば、さっきより赤くなって、なんか、どもってるぞ?
これはもしや。
再度、兵士に目をやる。
シオンと呼ばれた、若い、リーティアと同い年くらいなんじゃないかと見える、結構整った顔をしたその子は、アタシの視線に気づくと、こちらも頬を紅潮させて、会釈し、立ち去った。
リーティアの部屋を出たところで、いつも通り、不機嫌そうに腕を組んで待っていた、フェルナンドに合流する。
スタスタと前を歩いてゆく奴を追いかけ、肩を小突いて、リーティアに聞こえないように尋ねた。
「ねえ、さっきのシオンて子とリーティアって?」
フェルナンドは、相変わらず気難しい顔して振り向き、
「あの二人は乳兄妹だ」
そっけなく言い切る。
「ちきょ?」
「乳母が同じと云う事だ。そんな事も知らないのか、レンコン女」
「うるさいな、乳母なんて習慣、アタシの国には無いのよ」
しかし。
そうか、なるほど。
幼なじみより、強い絆だわな、そりゃ。
初々しくて微笑ましい、二人の姿を思い返し、ニコニコしていると、フェルナンドが一言。

「何を一人でニヤニヤしている。その辺りに生えている茸でも食べたのか」

アタシは笑顔のまま、奴の脇腹を、ひじで思い切りどついてやるのだった。

TOP