『負け犬はワルツを上手く踊れない』

番外2『「ありがとう」にまつわるエトセトラ』



戦いも終わりに差しかかった頃だった。
「うっひゃあ!」
素っ頓狂な声と共に、

あの女が降って来た。

自分の真上から落ちて来たので、咄嗟に受け止める。二人して、もんどりうって転ぶ羽目になった。
「あ〜たたたたあ〜……か〜っ、失敗失敗!」
彼女は、礼も詫びも言わずに、人の上で身を起こして、てへへ、などと、周囲の兵達に愛想笑いするものだから、少し頭に来て、言ってやる。
「いいから早く退け。重い」
即座に、黒い瞳がぎんと睨み返してきた。
「重いとはなによ! アタシは今年ダイエットに成功してねえ!」
「重いものを重いと言って何が悪い、レンコン女。そもそも大方、空中で体勢を崩したのだろう。調子に乗り過ぎだ、馬鹿者」
彼女は、何か言い返したそうに、口をへの字にしていたが、ぐっと飲み込むと、こちらの腹に拳を一発叩き込んで、すっくと立ち上がり、行ってしまった。

城に帰り、そんな諍いがあった事も、すっかり忘れかけていた頃だった。
自室の扉を開くと、机の上に、何かが置かれているのに気がついた。
近付いて見ると、

銀色の、小箱。

差出人の名も無い、包装されてもいないそれの蓋を、そっと開けると、

『さっきはごめん』

箱の中から、声。
驚いて見つめているうちに、箱は小さく、もう一言を、紡ぎ出す。

『     』

それを言い終わると、箱は、役目を終えたとばかりに、銀の光の粒子になって、消えた。
一体何だったのかと首を傾げ、ふと、思い至る。

銀の、小箱。

形を変える、銀色の光。

「……あの女か」
思わず、声に出して呟いた。
面と向かって謝れば良いものを、まったく、素直ではない。こんな事に力を使うくらいなら、戦闘力を上げる研究でもしていれば良いだろうに。

だが、しかし。

「意外と、しおらしい所もあるじゃないか、レンコン女」

知らず知らずの内に、口元がほころんでいた。

TOP