『負け犬はワルツを上手く踊れない』

番外4『少年とバイオリンと王女』



フェーブル城の一角から、流麗な音が響いて来る。
シオン・ロウの奏でる、バイオリンの音色だ。
フォルティアの一兵士である彼は、しかし幼い頃から嗜んでいた音楽の腕を、フォルケンス王に買われて、彼の私設楽団の一員ともなっていた。
楽団には、ピアノを弾く者、フルートを吹く者、木琴を奏でる者、太鼓を叩く者、声楽を得意とする者、多彩な奏者が居て、良い刺激になる。
音楽も、武芸と同じだ。競い合い、高め合う相手が居てこそ、得る物は多い。
「よし、シオン。今日はここまでにしよう」
共に練習に付き合ってくれたピアノ奏者の友人が、譜面台に置いていた楽譜を片づけ始める。
「いえ、僕はもう少し、練習していきます。陛下主催の音楽会も、近いですし」
「そうか。だが、あまり根を詰めるなよ」
友人は苦笑を向け、練習室を後にした。
一人残ったシオンは、再び楽譜と向かい合い、バイオリンの弦に、弓を乗せた。時に強く、時に緩やかに。幼い頃から馴染んだ音が、生み出される。
シオンはこの時間が好きだ。兵として武器を振るう事も、世間のわずらわしさも忘れ、ただ一途に、手の中の楽器と向き合える、この時間が。
無心にバイオリンを奏でていると、かたん、という、演奏とは異質な物音がして、彼は、手を止め振り向いた。
「あ、あの、ごめんなさい」
いつの間にか扉を開けて入って来ていた、青い髪に金の瞳の少女は、慌てて半端な笑顔を作る。
「貴方のバイオリンが聞こえて来たものだから、つい……」
「何故、僕のだとおわかりに?」
シオンの問いに、少女―このフォルティアの王女、リーティアは、ぽうっと頬を染めながら、返す。
「シオンの音は、優しいから、すぐわかります」
その答えに、シオンまで赤くなっていると、王女はおずおずと、訊ねた。
「あの、もう少し、ここで聴いていても、良いですか」
「姫様の、お気に召すままに」
たちまち王女の表情が、明るく輝いた。手近な椅子を引いて来て、ちょこんと腰かけるのを見届けて、シオンは再び、バイオリンを歌わせる。
「ランドルイサの、『望郷の唄』ですね」
王女が呟く。その声色には、どこか、頼り無さがあった。
やはり、寂しいのだろう、とシオンは思う。
最も仲の良かった下の兄王子が、異世界より来たりし戦巫女と共に、この地を去ってしまってから、日は浅い。
死に別れた訳ではない。しかし、恐らく永遠に手の届かない世界へと分かたれてしまっては、もう二度と会えない事に、変わりはないのだから。
せめて自分の演奏が、この愛らしい姫の笑顔を作り出す手助けになれば。そう思いながら、シオンは音を紡ぎ出す。すると。
「シオンのバイオリンは、本当に、優しいですね」
王女の唇から、穏やかな言葉と、どんな音色よりも美しい笑みが、こぼれ落ちた。

TOP