『負け犬はワルツを上手く踊れない』

番外5『はっぴーばれんたいん』



ドタドタドタ……と足音が響いて。

「蓮子ォォォッ!!」

バーン!と勢いよく、バスルームの扉が開かれた。
文庫の恋愛小説を読みふけっていたアタシは、とりあえずそれで胸隠して。
「何よ、そんなにアタシのハダカが見たいのか。欲情してんの?」
「するか馬鹿者!」
おたまを手に持ち、アタシお気に入りの、フリフリつきピンクのエプロンをかけたフェルナンドは、アタシのちょっとしたジョークを切って捨てた。
「それより、今、テレビで見たぞ! どういう事だ!」
「何が〜?」
あくまですっとぼけるアタシに対し、奴はおたまをビッと突きつけて。
「『バレンタイン』とは、女性が男性に愛を告白する日であって、男性が女性に尽くす日ではないと!」
「……くそぅ、バレたか」
「くそじゃない!」
くそぅがダメならチクショーだ。
数日前、バレンタインにまつわるウソを吹き込んでから、それ系のテレビ番組を見せないように気をつけてきたのに。
アタシとしたことが、油断したわ。
「あー、はいはい、わかったわよ。とりあえず出るから、キッチンに戻った戻った」
小説は、恋人達が別れのキスをかわす、クライマックスだったが、それをぱたんと閉じて、湯船からあがった。

テーブルの上には、カルボナーラに海鮮サラダ、クラムチャウダーとミートローフ。ついでにデザートの杏仁プリン。
全部、フェルナンドが作ったアタシの好物。
前職『王子様』のくせに、何でこんなに器用なのか、初めて見た時はびっくりしたが、実はなんでも、小さい頃から料理に興味があって、ちょこちょこ城の厨房に出入りしてたらしい。
こっちの世界に来てからも、3分クッキングを見ながら同じモノを作れるくらい、そして材料が足りなければ、自己流にアレンジしてしまうほどの順応力を、発揮した。
ウソはバレたが、折角作ってもらったモノなんで、遠慮なくいただく。

うん、うまい。

本当はこの後、掃除と洗濯までしてもらおうと画策してたのだが、まあいいや。
「はい、ごちそうさまでした」
完食し、ご丁寧に出てきたコーヒーを飲み干して、両手を合わせる。
「……で」
カウンターキッチンの向こうで、偉そうに腕組んで、アタシの食べっぷりを見守っていたフェルナンドは、むっすりとしたまま。
「何よ」
「何よじゃない。……本当に無いのか」
子供か、こいつは。
「はいはいはい、ちゃんと用意してあるから、ちょっと待ちなさいって」
アタシはよっこらしょ、と立ち上がり、食器をシンクに片付けてから、冷蔵庫を開けた。
奴が料理をするようになってから取り決めた、決して手をつけるな、という絶対領域から、リボンのかかったオシャレな小箱を引っ張り出す。
中身は、勿論、

チョコレート。

1個が軽く300円はするやつだ。それが8個だから、アタシにしてはフンパツしたのよ。
「ほれほれ、欲しいか〜?」
奴の目の前でヒラヒラ振ると。
「……欲しい」
お。
こいつも、随分素直になったじゃないの。
その素直さに、ご褒美だ。
箱を開けて、チョコを一粒取り出し、軽くかじって。

あ、と開きかけた奴の口に、含ませてやる。

フェルナンドは、しばし放心した後、ゆっくりと咀嚼して。
「……甘い」
ようやく一言。
まあまあ、キスが初めてでもあるまいに、真っ赤になって。
最近気付いた、意外とカワイイ一面。
あー、年下の彼氏って、からかいがいがあって、楽しいわ。
もう一度、唇押しつけて、耳元でささやいてやる。

「ホワイトデーは、期待してるわよ」

「……何だ、それは」

「またテレビ見て、自習することね」

20年後もこいつとこうして、じゃれあってられたらいいと。
思えるようになった、今日このごろ。

後日談

TOP